好きこそものの上手なれ

 みんなで話をしているときに、「やっぱり好きでやることが上達への道」みたいな話になり…確かにそのとおり。

そして、昔ピアノを習っていたときのことを思い出しました。物心つくかつかない4歳からピアノを習い始め、親からやらされてる感が強かったな。ピアノはうちの母の憧れだったらしいのです。思えばピアノだって高いのにね。
最初に習ったピアノの先生が怖かったっていのもトラウマ。

次の先生に習うようになって、ピアノは嫌いじゃ無くなったけど、やっぱり練習はあんまり好きじゃなくて(笑)。発表会はだーいすき(爆)

地道なハノンとかツェルニーとかすっとばして、発表会用の曲ばかり弾いたり。

自分からちゃんと練習するようになったのは、小学校3年生ごろかな。発表会でショパンの子犬のワルツを弾かせてもらえることになって。とってもかわいくて、子犬が走るのが見えるみたいな気がした。そうそう、ビジュアルとか物語性が大事だったのね。

バレエにも使われたりする『人形の夢と目覚め』とかもストーリーがある。

そういえば、幼稚園のころから、ブルグミューラーだけは大好き(笑)。 指が動かなくなった今でも、酔っぱらうと必ず弾きたがります。
「貴婦人の乗馬」とか、「すなおな心」とかタイトルもかわいいでしょ。「タランテラ」なんて、幼いころの私は、「なんかコワイ」と思ってたし(感受性豊かなフリしました、スミマセン)

で、一度始めるとなかなかやめない性格もあって(アプリゲームとかもそう。みんなやめてるのに一人で地味~にやってます)、部活の合間を縫って高校時代までピアノを習ってました。やっぱり好きだったんだろうな。

そう思うと…バレエは好きなのか…? 

お稽古場や仲間は好きだけど、バレエは結構つらい…。
でも、音楽にのって体を動かすのは楽しいのよね。そう、音楽が好きなんだ~。
バレエがつらいのは、思ったように体が動かないということ。

でもさ~、天才と言われるイチローとかシュンスケみたいな選手って、実は人一倍練習してるんだよね。

凡人はなおさら。 

バレエができる喜びをかみしめつつ、日々精進します! 
[PR]
by a-takechan | 2012-04-17 12:25 | その他 | Comments(3)
Commented by しゅら雪 at 2012-04-26 21:24 x
コメントをくださっていたのに、一カ月も気が付かず大変失礼致しました!
これに懲りず、また交流して頂けると嬉しいですm(_ _)m

私は何をやっても三日坊主なのに、バレエだけは続いています。
両親も夫もビックリしてます(笑)
やっぱり下手でもバレエが好きだし
練習がすきというか、ストイックなのかもです(^^;

A子さんは太鼓をされたり、きっと音楽で自己表現することが好きで
その延長にバレエがあるのかもしれないですね。
ポワントの闇練のお話、待ってま~す!
Commented by a-takechan at 2012-05-07 23:56
 しゅら雪さま コメントありがとうございます。いえいえ、こちらこそ、たま~に出向いては、またしばらく訪問もせず…。でも、とにかくしゅら雪さんのブログは面白くてためになります。 バレエの分析もわかりやすいです。

 私はバレエに関しては悩みも大きいのですが、やっぱり好きなんでしょうね~。 ポワントは… やってませんね~。

 いろんなことに興味を持ちますが、最後にはバレエに帰ってきます(笑)
  また、これからもよろしくお願いします!
Commented by a-takechan at 2012-05-08 00:01
 そうそう、リンクの仕方がわからず、今ここにあるリンクはほかの人にやってもらったので(汗) お気に入りに入れてます。 メカに弱いですが…また遊びに行きま~す
<< タオリズム2012年 A先生のレッスン >>