スターとファン

 先日お会いした、某会社社長は、中学生のころから矢沢永吉さんのファンで、彼の『成り上がり』を読んで、自分をビッグになろう!と思ったそうです。
 自分が何か決断するときも、「永ちゃん」の存在が大きく、まさに人生の師になっていたんですね。

 今となっては、コンサートのチケットだって、きっといろいろな手段を使ってゲットできるでしょうに、そういうことはしたくないそうで。 仲間と一緒に手分けして、電話をかけまくり、チケットをゲットするのだとか。そして、どんなに忙しくても、年末の武道館には駆けつける…。何だかステキですね~。

 周りに、「永ちゃんに会わせてあげる」という方もいらっしゃるようなんですが、「ステージ上で輝く姿を見たい!」と、それはお断りしているそうです。

 何だかわかる気がします。
 彼にとっての永ちゃんは、舞台で輝くスターなんですよね。
 そして、永ちゃんを語る彼は、社長の顔ではなく、少年の顔になって、キラキラしていました!
 私も元気をいただきました!

 私にとってみっちゃんは、やっぱりスターです。
人間的にも気さくでいい人だから、多分近くにいてもステキな方ですが…。

 それでも、舞台で輝く姿を見ていたい。
みっちゃんが頑張ってるから、自分も頑張ろう!という、そんな存在でいてほしいです!

 もうなってますけどね。これからもお願いします。
[PR]
by a-takechan | 2014-07-05 23:14 | その他 | Comments(0)
<< とうとうみっちゃんが夢に…! あの歌は何だろう? >>