オトナリーナバレエコンクール2015 ~大人だけのバレエコンクール~ 

 最近は、大人からバレエを始めた人たちを、「オトナリーナ」って言うんですか?
こんなコンクールがあるんですね? 今年初めて開催だそうです。
http://www.otonari-na.com/

 M代さんが出場するというので、Tちゃん、Nちゃんと一緒に観に行きました。
M代さんの発表会のときもそうなんですが、プロの舞台とはまた違う、感動があるんですよ!
 一般的なコンクールと違って、受賞内容は、大賞でもギフト商品券3万円だったりしますし、参加規定は「大人から本格的にバレエを始めた人」というざっくりしたものみたいですが、問題はそんなことじゃないんですよね。

 参加者は26人、観客もおそらく「ほぼ関係者」かな?と思いましたが、私としては、「ああ、大人バレエもここまで来たんだな~」と、感慨深いものがありました。

 今でこそ、バレエに限らず様々な趣味を、大人から始めるのは当たり前のようですが、私がバレエを始めたころは、まだまだ、「バレエは子供から始めるもの」というイメージが強く、大人から習い始める人を受け入れるスタジオも少なかったと思います。受け入れていても、子供がメインで、「大人はご自由に」という感じだったり。

 今回、まあ、参加者の年齢や、習っている年数などはバラバラで、まだ20代かな~という方から、かなりご年配の方まで。そりゃ、皆さんご自分でエントリーなさるわけですから、かなり「できる」方ばかり。(M代さんのスタジオからは5人がエントリー)

…でも、しみじみといいな~と思ったのは、何よりも、踊る喜びに満ち溢れていたんですよね。
 それに、ああ、先生の教えを、真面目にコツコツと続けていらっしゃるんだろうな~、ということもよく分かって、何だかうるっときそうになりました。
 
 それこそ、踊りって、その方の人柄とか、あと先生の教え方、とかも出ますよね。

大人から始めたとは思えないほど、「主役踊ってます」といったレベルが高い方の踊りよりも、ちょっと足元がぐらついていても、ポールドブラだったり、背中の使い方だったり、体の引き上げを一生懸命やっていらっしゃる方の方に、私は「いいなあ」と思ってしまいました。
 それから面白かったのが「場当たり」。まあ、本番前の練習みたいな感じで、思い思いに練習をするわけですが、それを公開でやっちゃうところがスゴイ!

 うん…、出演者の方たちも、これを食い入るように観ている人たち(私たちのことです)がいるとは思っていなかっただろうな。ある意味、本番より面白かったです。

 M代さん、場当たりのときは、少し緊張してるかな?と思いましたが、本番は落ち着いていたと思います。
 何よりも、白いチュチュも髪飾りも似合う! ちゃんと可愛かったよ! 

 全く知らない人の踊りも、とっても面白くて、全く飽きませんでした。

 私たちは、最後の授賞式まで観たのですが、審査員の先生のお言葉にも胸打たれました。
オトナリーナの皆さんのエネルギーは、ものすごいものがあり、プロで、素晴らしいキャリアを持つ先生方にも、初心を思い出させてくれる、といったコメントでした。

 何よりも、「好きだ」というエネルギーが、一番大きいものなのかもしれません。
そうなんです、オトナリーナの皆さんからは、バレエを踊れる幸せみたいなものが、キラキラと溢れていました。

 私自身、正直、「本当にバレエ、好きなのかな?」と思ったり、上達しない、と落ち込んだりすることも、いや、落ち込みすらしない日々もあるわけですが(笑)、バレエってやっぱり楽しいな、音楽にのせて踊るって楽しいな、と改めて思いました。

 コンクールの定番であるドンキや海賊、眠りやくるみ、楽しいですよね~。

 改めて、チャイコフスキーの曲好きだわ~。 チャイコフスキーって、本当に乙女だよね。もちろん、『悲愴』とか、重い曲も素敵なんですが、バレエ音楽は、キラキラのおもちゃ箱みたい。…で、これがまた、踊ると難しいんですよね。メロディとリズムの拍が違ったりするの。いけずだわ~。

 コンクール後、GWで長く休みが続いていたので久しぶりにレッスンに行ったのですが、心なしか、やる気スイッチオン!になってました。

 とはいえ、私の今の一番の「心の美容液」は、バレエ<みっちゃん かな~。
(またそこかい?)

 まあ、それとこれとは別ってことで。

 
[PR]
by a-takechan | 2015-05-10 01:43 | その他 | Comments(4)
Commented by teri at 2015-05-10 10:16 x
A子さん、こんにちは^^
バレエって、毒にも薬にもなるっていうか
常にこころの美容液とは限りませんもんね^^;
と、メンタルやられてバレエ不登校になった私が言ってみる(笑)

大人のコンクールがあるのは知っていましたが
実際に、ブログでつながりがある方のお知り合いが
出場なさっていたなんて!!
正直言って、若くて上手くてピッチピチの子が出るわけでなし、
目も当てられず苦笑いのレベルなんだろうなって
勝手に想像していたのですが
A子さんのお話を読んで、全く違う世界があるんだと知りました。
私もいつか観に行ってみたいです^^
Commented by A子 at 2015-05-10 17:27 x
teriさま、さっそくありがとうございます。確かに、バレエって、大人の習い事に向いてるのかどうか、微妙。辛いことも多いですよね。でも、プロとは違うし、楽しむことが一番!という大切なことを教わりました。
客席も素人じゃない雰囲気ありありでした(笑)。自分と向き合い、体と向き合うのもいいですが、踊りの楽しさを忘れたくないですね。
皆さん、少なくとも、おばさん体型じゃなかったし、でも、大人ならではの良さもあり。会場も素敵だったので、ぜひ観てください。もっと広まればいいのに、と思いつつ、私は絶対出ませんね(苦笑)
Commented by M代 at 2015-05-11 10:45 x
コンクールご鑑賞ありがとうございました。
ようやく先ほど勇気を出して自分のDVD観ました。
いやいやー、膝は曲がってるし肩上がってるし、
つま先伸びてないし、バレエ的にはひどいものでしたが、
ただやたら楽しそうでしたね(笑)
楽屋や舞台袖でもお互いの衣装をほめたり、
出番の終わった人に声かけたり、和やかムードでしたよ。
子供のコンクールではありえないですよね。
正直、メンタル的にも身体的にもきついところは多々ありましたが、やっぱり出て良かったと思います。
審査員のコメントは後日郵送だそうで、それも楽しみです。
Commented by a-takechan at 2015-05-11 12:00
M代さん、お疲れ様でした~。とても良いコンクールでしたね。確かに大変ですけど、達成感あったでしょう。参加者同士、仲よくなれそう。審査員の先生からコメントいただけるんですね? 届いたら、こっそり教えてください(笑)
<< 北翔号の船出 My初日がMy楽~星組公演『黒... >>