カテゴリ:お稽古場( 15 )

肩がバリバリー(汗)

「忙しい」という字は、「心を亡くす」と書きます…。

仕事が忙しいと、「心をなくし」ますね。
年齢もありますけど、多分、脳が疲れてます。

スマホ依存症、止めよう…。
情報が溢れ過ぎてて、ツイッター、ライン、ゲーム、やりすぎ…。

バレエレッスン、休むとますます体調が悪くなる…。(先週休んだ)

うちのスタジオ、基礎クラスでは、よく2人1組でストレッチやらをやるのですが、人のことはよく分かるのに、自分の欠点は分からない…。

一時期、筋肉が落ちたのと同時に、僧帽筋のコリなども無くなって、ちょっと肩がスッキリしてポール・ド・ブラの動きも良くなっていたのですが…
あっという間に元の木阿弥…。

結局、普段の生活なんですよね。すっごく肩に力が入ってるし、仕事中もパソコンだし。
この時期は、オフィスに閉じこもって、デスクワークだし…。

骨盤が後傾して重心が後ろに来て、立っているときも年寄り臭くなってるな~と感じるし。

…と、そんなに筋肉オタク、骨格オタクになっても、踊れるようにはなりません(苦笑)

で、普段は仕事に疲れた勤め人中心のこのクラス、久しぶりに元受験生の子達が来てまして。
 身体能力が高い!

 理論はバッチリなもので、「ここはこうやったら?」みたいに言うと、すぐに直せるの!
素晴らしい。

 一人の子は、「夏にこういう公演に出るので」と言ってたのですが、もうね~、横文字弱いから、覚えられないのよ(笑)

メモしました。
「フエルサブルータ」だって。
「え? フエルト? ブルース?」
英語ならまだしも、スペイン語か~。アルゼンチン生まれらしい。
http://fuerzabruta.jp/
へー。
ニューヨークで公演観て、感激してたら、日本でオーディションがあったんだって。

そして、見事に勝ち得たのね!

何かさ~、夢に向かって頑張る姿は、いいよね。

 義理とかで舞台は観ない主義ですが(笑)、これは面白そう。
[PR]
by a-takechan | 2017-02-05 12:08 | お稽古場 | Comments(2)

細胞が目覚める!

1ヶ月ぶり?
いや、もっとかな。
久しぶりにレッスン行きました。

急に復活は無理、と思い、しばらくは土曜日の1レッスン目の初心者クラスに出ようかと。

初心者クラスと言っても、ストレッチとかが多いので、これはこれで結構大変。

でも、今はどちらかというと、体と向き合いたい感じだったので。

まあ、たとえ休み休みでも、「先生に会いたい!みんなに会いたい!」って気持ちが強かったですね。

長年通ってるってこともありますが、私にとっては、ただのお稽古事を超えて、家族や親戚のような気持ちになってます。

昔一緒にレッスンしてた子たちが成長したり、赤ちゃんの頃から知ってる子が、大学生?みたいな。(何年いるんだよ)

それに、体重も落ちたけど、筋肉も落ちちゃって、そろそろ筋肉つけないとなー。

レッスンやってみると、ちょっとキツイという思いもありながら、とにかく楽しくて!

レッスンできるって嬉しい!

筋肉がプルプルして、細胞が目覚める感じ!

思ったより衰えてたかもね。

体がスッキリしたし、いい音楽にのせてゆったりと体を動かすと、心も癒されました。

それに、頭では分かっていても、肩に力が入ったり、背中がバリバリだったりでなかなか感じられなかった部分も、今、力が入らないので(笑)、すっと理解できるところもありました。

再び体重が増える前に? 先生に見せておきたいということもあったかな(笑)

何よりも、このスタジオで仲間に囲まれてレッスンできて、嬉しかった。

しばらくはこのクラスに通うつもりです。

本当に、レッスンできるって幸せなことだし、心身ともに、とても癒されました。
さすがに体は疲れたけどね~。

帰りにはお気に入りのパン屋さんで買い物もしたしね。

いつもはハード系が好きで、いつも同じパンばかり買っていたのですが、今までとは違う、柔らかいパンをチョイス^_^

 それがね~、美味しかったんですよ!

 以前より、ゆっくりとよく噛んで味わって食べるようになりました。

 うん、今までとはまた違うパンの美味しさも再発見。

 毎日家で少しずつ、ストレッチや筋トレもして、元気になろう! (できれば体重は現状維持したい!)
[PR]
by a-takechan | 2016-06-04 21:48 | お稽古場 | Comments(0)

久しぶりに合格者!

 うちのバレエスタジオは、先生が元ジェンヌで、宝塚受験生も多いという話は、ブログで何度もしています。そして、毎年この季節になると、「今年はどうかしらね」などと、おばさんたちはウワサし、そして、悲喜こもごもの春を迎えるのです。

 以前は宝塚に全く興味が無かったもんで、受かった子達がいるから舞台を観に行ったり、いろんな話を聞いて、大変ね~と思ったりしていました。

 ここのところ、「あまりガッツが感じられない」、とか、「今年も厳しいな~」ということを、ときどきボソボソ書いていたわけですが、最後の数ヶ月、「あ、この子、目の色が変わってきたな。もしかしたら」と思っていた子がいて…。

 今日、合格した!というメールを先生からいただきました。

 受験のために入ってきた子なので、ジュニアから知っているというわけじゃなかったんですが、私は受験生に混じって、「リズムダンス」のレッスンを受けているので、振りを教わったり、(陰でいろいろと言っている割には)何かと世話になっていました(笑)

 宝塚ファンになってみると、受験生が音楽学校生になり、組配属になり、という成長を見るのが楽しみになりそう。

 その子は、娘役希望だと思うけど、ちょっと大和さんに似ている感じだし、男役も…ありかな~?

 また、受験生時代から知っている子の退団も、今までも何人も見てきましたけど、今度、知り合いの子が退団するという話を聞きました。

 ファンになってからの退団は始めてかな?
 
 泣いちゃいそうです。



 
[PR]
by a-takechan | 2015-03-29 15:43 | お稽古場 | Comments(0)

新スタジオオープンしました!

いよいよ新スタジオがオープン。
レッスン始まりました。

やっぱり明るくて、新しくて気持ちいい^ ^
まあ、まだ慣れない部分もありますが、気分も新たに頑張りましょう(^-^)

今まで行けなかった平日のクラスを再開!
翌日の朝は起きるの大変だけど、体はスッキリしますね。
いきなりレッスン時間オーバーしちゃってヘロヘロでしたが。

 そっか~、貸しスタジオじゃなくなると、もしかしたら、レッスンエンドレス?
居残りとか…合宿とか? 
 いや~、洒落にならない…。

仕事とバレエの両立はなかなか大変ですが、何とかやりくりして頑張りたい!

 「初めてのポワント」にも出る予定です。マジで体重落とさないと、ポワントは厳しいな~。
ポワントは特に興味無いとはいえ、体をまっすぐ立たせるにはいいかなと思う。 

 また報告します。
そうそう、このブログは宝塚のブログじゃなくて、バレエブログなんで…一応…(笑)。
[PR]
by a-takechan | 2013-11-20 00:43 | お稽古場 | Comments(0)

原点となったスタジオ最後の日

 2月から流浪の民生活を送っていた話はブログでもしましたが、11月から新しいスタジオです。

 生まれて初めてバレエをやろうと、最初に訪れたのが、恵比寿のスタジオ。10月いっぱいでここも最後ということになったので、普段は行かないレッスンに急きょ参加。バレエには間に合わなかったけど、Eちゃんのリズムダンスに参加しました。

いや~、体ほぐれました。
何だかしみじみとする暇もなく、バタバタとあっけない最後…。

 別にセンチメンタルになったりしたわけじゃないんですが、「恵比寿に来たのいつだっけ?」 と振り返ってしまいました。

ありゃ~! もう20年? 
うわ~、恐ろしい。
恐ろしいというのは、月日が経つ速さだけじゃなく、それなのにこの変化の無さ…ってこと。 むしろ、体型的には後退しているのでは…? 

 「バレエ歴何年」っていうのは考えないことにしてます。 
でも、このブログでも何回か書いてますが、あれやこれやといろんなことに手を出し、まあ、飽きっぽい性格ゆえ、どれもこれも何となくフェイドアウト。
 
 テニスもやった、スキーもやった、合唱では舞台に立ったな~…。競馬もよく見に行ったし、サッカー観戦も…。不思議なことに、バレエは止めずに続けています。

 これもいつも書いてますが、バレエそのものもだけど、先生やお稽古場の仲間が好きなんですよね。 

 とはいえ、このスタジオ移動や、その他さまざまな理由によって、仲間が減ったり変化したりするのは少し淋しい。

 この節目となる時期に思ったこと。
 こうなったら、死ぬまで踊り続けましょう! 
そして、あきらめずにうまくなろうともがきましょう。それでも、もちろん楽しくね。
 
 時々、「何だかお金をドブに捨ててない?」と思うこともあるんです。 もちろん、メンタルに効くことは確実だけど、何だか根性足りないし。…そう、がむしゃらさが足りないの。

 最近特に、もう舞台は無理かな~? なんて思ったり。 鏡見るとがっくりくるもん。

 とはいえ、先週のレッスンでグランバットマンしてパッセで立った時に、「ぱっと花が咲いたようだ」と先生に褒められました~。ホントに? わ~、マジで嬉しい。「そういうところは、受験生よりできてる」って! ヒャッホー!

 そのあと、「最後の5番の着地まできちんとやること」とぴしゃり、と言われましたが。 そうそう、詰めあまこ。

例によってグダグダですが…。
まあ、決意表明のようなものです。
長く踊り続けるため、健康維持に努めます!
[PR]
by a-takechan | 2013-11-01 00:21 | お稽古場 | Comments(0)

2012年初レッスン&新年会

 毎年恒例、3日は初レッスンと新年会です。
もう毎年のことなので、スケジュールに組み込まれていますが、考えたら3が日にこれだけ人が集まるのも、さすが~という感じ。

 毎年楽しみなのは、先生のお言葉です。 一年の最初に身が引き締まる思い。

 今年の先生のお言葉は、「やればできる」ではなく、「やらなくてはできない」。そう、やらないとできないのです。 シンプルだけど真実。
 特にバレエって、習い始めたころは急激に進歩します。できないことがどんどんできていく。でも、長年続けていると、目に見える進歩が少なくなってきます。
 それでも少しずつ進歩していきたい。

「初日だからリハビリモードで行きましょう」というお話でしたが、何の何の、キツイったらなかったです。
 それもこれも、私の体が硬いからいけないんですけどね~。
 確かに、やり方が間違っていると、身体には効きません。身体改造計画もままならない。
正しく体を動かすと、「グエー、助けて~」みたいになる。

 それに、新年そうそう自分の体型を見て、まずいと思いました。 体重そのものが増えているわけじゃないんだけど、ウエスト周り、背中の肉がぷよぷよ。 そうすると肉が剥がれなくて身体が使えなくなって、さらに肉が付くという悪循環。

 年の初めから、先生に絞られました~(苦笑)。教室の後ろの方にいても、いつの間にか先生が傍に(汗)。 ありがたいことですぅ。

 新年会では、これも毎年恒例の「今年の目標」。 この年になると、なかなか人前で自分の意見を言うということは無いわけですが、人前で話すことによって、考えが整理されるということもありますよね。 

 お稽古場で古い順、ということで発言していくんだけど、いつの間にか古株。

 昨年、ブログにも書きましたが、私にとって、震災を体験したことで、「バレエができる喜び」を再認識しました。 何となくバレエは生活の一部になっていたし、ちょっと惰性になっていました。でも、震災後レッスンができなくなったり、被災地の人たちのことを思うと、日々レッスンできることは幸せなんだと思ったわけです。

 そう考えると、時間を無駄にしちゃいけないんですよね。もっと真剣に取り組まないと。

 いつも不真面目ってわけじゃないんだけど、それこそこれからは「老化との闘い」。体のメンテナンス含め、もっと頭を使って考えてレッスンしないといけませんね。そんな発言をしました。

 結局発言しても実行しなくては何もならない。 
 
 できることから始めよう!

 具体的には、毎日体をほぐすことかな。今日も硬くて愕然としたもの。無理して動かすとボキッとかグリッとかいうし。

 もちろん、時間をとってストレッチをすることも大事だけど、電車に乗っているとき、電車の待ち時間なんかでも、正しくアラインメントを整えて立つだけでも違うはず。猫背になってアプリばっかりしてちゃダメだ~。これってバレエ以前の問題ですね。

 あとは、肩の力を抜くこと。本当の肩の力もだし、リラックスするという意味でもね。
[PR]
by a-takechan | 2012-01-03 23:57 | お稽古場 | Comments(0)

すべては自分のため!

 土曜日のレッスンに行けなかったので、日曜レッスンに参加しました。日曜クラスは(宝塚)受験クラス。人数も少なくて土曜日に比べると雰囲気もピリッとしている感じ。平日は残業でヘロヘロだし、土曜日に用があって日曜もレッスンとなると、ゆっくりする日は一日も無くなっちゃいますが(掃除が~!) それでもやっぱり出てよかったな~。

 この時期になると、やっぱり先生は厳しい。でも、先生がおっしゃることは全部とっても的を射ていて、しかもスッと腑に落ちる。受験生に向けられた言葉はもちろん、受験に向けてのお言葉なんだけど、人生に対する言葉でもあるな~。

 最近の受験生、本人たちは一生懸命なんだと思うけど、それが表に出ていない人が多い。それは彼女たちだけじゃなく、若者全般みたいなのね。先生はよく、「目の表情、感情を表に出して」、「音楽を味方につけて」、「心から楽しいと思えれば、自然に感情が湧き出てくるはず」とおっしゃる。

 無表情の原因は、携帯とネットの見すぎではないかと…
まあ、それだけじゃないだろうけど、感情に抑揚が乏しいのは事実。想像力なのかな~?

 今日はたまたま、宝ジェンヌNちゃんがレッスンに来ていて、お土産に持ってきてくれた「きびだんご」のパンフレットに書いてあった桃太郎の物語の朗読をすることになりました。バレエのレッスンなのに!

 なぜか最初に私が振られ(笑)、でも朗読は大好きなんで(爆)、なかなかの好評。体は使えなくても、こういうのは大好き。あ~、女優になりたかった~(勝手に言ってろ)

 まあ、私のことはどうでもいいんだけど、次に受験生が順番に読んでみると…。う~ん、感情の起伏に乏しいの。やたらハキハキとはしてるんだけど。でも、何にも知らない1番バッターは楽だったのかな。 先生のコメントを聞くと、「なるほど」と思うんだけど、だんだんとハードルが高くなるよね。

 それでも、助手のMちゃん、そしてジェンヌのNちゃんはさすが! いい物見せていただきました~。

 これは酷だな~と思ったことは、「昔の受験生はもっとがむしゃらだった」と本人たちに面と向かっておっしゃっていたこと。内心、「きついな~」と思ったんだけど、それすら感じているのか感じてないのか、よくわからない…。
 
 今日、はっとさせられたお言葉は、「同じレッスンを受けて同じように鍛えても、身になる人とならない人がいる。それはどうやって取り組むか次第。すべては自分のためなのよ」と…。う~…ズキッ。

 あと、「踊りには性格やその人の生活すべてが出る」ということ。 ヤバイ。

 確かに、身体能力は高いし、もっとできるはずなのに、何となく踊りがゆるいというか、だらしなく見える子がいる。顔の表情もね。隙だらけ。あまりに隙が無いのも息が詰まるけど、特に清純派、正統派が求められる宝塚では、技術そのものもだけど、イメージが大事だもんね。 普段の生活が出る…。いや~、もっとちゃんとしよう~。
[PR]
by a-takechan | 2011-12-05 00:03 | お稽古場 | Comments(0)

DVDがやってきた

「舞台大好き」とか言ってる割には、毎回出来上がったDVDを観ては落ち込み、一度だけ観て封印(高い買い物だよ全く)、今回も届きました~。

時間が無くてまだ1幕しか見てませんが、自分はともかく確かに先生の振り付けと演出が素晴らしい。みんなが言ってたことがよくわかった。スピーディーで飽きさせないし、(これも前書いたけど)、難しくないのに可愛く見せる振り付けだ。

 自分に関しては、またまたワンパターンになるのでコメントは控えます。

 でも、「普段あれこれ言ってる割に不甲斐ない自分」を目の当たりにする。
 のど元過ぎると忘れちゃうのが悪い癖。
 大騒ぎする割にはケロリと忘れる。

 今年は「不言実行」
そして、マジで現実問題として年齢との戦いもあるのでおちゃらけてはいられない!
もっと自分自身と向き合わないとね。

 いろいろとアドバイスくれたSちゃん、ありがと~。
[PR]
by a-takechan | 2011-03-09 12:18 | お稽古場 | Comments(0)

久しぶりにグリッサ姉妹共演(競演?)

グリッサ妹であるM代さん。引っ越して遠くなってから、なかなかレッスン来られなかった。
確かに遠いよね~。淋しいけどまあ仕方ないか。別の場所で「闇練」してるらしいし。でも、やっぱり時々むしょうにうちのお稽古場に来たくなるらしい。
わかるわかる(^O^)

もちろんバレエが楽しいんだけど、仲間と先生だよね。

私も、ここのところ仕事は大変だし、イライラするようなことがいろいろあって、少々参ってたんだけど、お稽古場に行くと笑って元気になれる。
いつも言ってるように、先生は温かくて厳しくて、面白い(*^o^*)

元気になります。

グリッサ妹とは、別の集まりでも会ってるし、メールもしてるし、ミクシィのアプリもやってるけど、やっぱり一緒にレッスンするのは違う。フィット感がありました。

また、時々レッスンやろうね♪~θ(^0^ )
[PR]
by a-takechan | 2010-10-06 01:47 | お稽古場 | Comments(2)

ちょっとびっくりなこと

 またまた日曜レッスンの話。
あんまり「最近の若い子は」とか言いたくないんだけど…。
今日はちょっと「口、あんぐり」な話があったんで。
 
 世代の問題かな~?
特に運動部育ちってこともあり、優等生だったという過去もあり(笑)、先生とか先輩の言葉って絶対じゃない? 特にバレエのお稽古場で先生といえば絶対でしょ。もう、ほかの人が注意されてることだって、食い入るように聞くのがあたりまえじゃない。

 ところが、今日、先生が説明をしている最中に、受験生たちったら松脂だかなんだかをめぐってごちゃごちゃやってる。「ありえない」

 先生もあきれてたみたい。

 まあ、先生から何度も同じ注意を受けてる、という点では自分も何も言えない部分もありますが(苦笑)…

 今日もまた、いつも「頭でわかっていること」がなかなかできない。
軸足の上にまっすぐ立つ、とか、アティチュードの股関節とか。

 ジュテ・アントルラッセもおなじみなんだけど、つまさき、膝が伸びない・・・

日曜日は大人から始めた人が少ない、ほぼ受験生のクラスなんだけど、必ずレッスンにいるはずのN子さんがいなかったんで、もう冷や汗ものでした。

 それでも、やっぱりレッスン行ってよかった~。部屋の掃除はどうしても疎かになちゃうんだけど(レッスンに行かなくてもそれは変りないかも)
[PR]
by a-takechan | 2010-05-17 00:16 | お稽古場 | Comments(2)