カテゴリ:その他( 72 )

来年もよろしくお願いします

 みっちゃんファンのブログの皆さんに、ご挨拶コメントさせていただき、またはメールさせていただきました。今年は本当に、皆様にお会いできたことに感謝しています。

 私自身含め、皆さんに共通した気持ちは、「今の状況に慣れていない」ということ。

 来年、北翔さんは、大空に羽ばたきますよ!

 私たちも、頑張ってついていかなくては!

 主役に慣れていない、なんて言っていられません!

 真ん中で羽根を背負うんですから!

 また、来年もよろしくお願いします。
[PR]
by a-takechan | 2014-12-31 22:31 | その他 | Comments(0)

すべてはみっちゃんのため

みっちゃんがトップに決まってから、満を持して、スカイステージへの加入を決めました!

で、アナログのレコーダーだと、DVDにダビングできない。

というので、これまた一大決心をして、ブルーレイ買っちゃいました(≧∇≦)

メカに弱いんですが、「繋ぐだけ」と言われましたし、みっちゃんの番組を録画するためなら、マニュアルも読むわ!

☆ニュースで見たんですが、ワンピース、歌舞伎になるの??

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141221-00034425-crankinn-ent


でも、どうやって?

ルフィもだけど、ナミさんは?

あ、そもそも和物じゃ無いよ。

でも、普段歌舞伎観ない、若者が来るでしょうね。

亀ちゃん、いや、猿之助さん、期待してるよ。
[PR]
by a-takechan | 2014-12-23 00:07 | その他 | Comments(3)

DNAと才能と努力

 昔から好きな野村萬斎。NHKの『プロフェッショナル』登場です。
http://www.nhk.or.jp/professional/

 以前から、節目節目にドキュメンタリー番組やってますから、いろいろな時代を見てきました。Eテレでやった、猿之助との対談も見ました。
http://matome.naver.jp/odai/2139415743190432301

 同じ伝統芸の家に生まれながら、この2人はタイプが違いますね~。亀ちゃんは、芝居大好き歌舞伎大好き、劇場は「遊び場」だったみたいですけど、萬斎さんは違いました。
悩んで悩んでもがいて、でも、結局狂言に帰ってきた…のかな?

 萬斎さん、ロンドンにシェイクスピアの勉強に行ったり、シェイクスピアの公演もやりましたよね。
 世田谷パブリックシアターの芸術監督やっているので、昔からよく観に行きました。どうしても『ハムレット』観たかったけど、チケット取れなくて、当日券で立ち見したり。

 番組で胸を打たれたのは、萬斎さん自身が、3歳で演じた猿の映像のあと、今度は、息子が3歳で猿を演じたときの映像を映したこと。本当ならあってはならないことだけど、彼は舞台上で涙を流してしまった…。
 伝統芸能の一族に生まれてしまったこと、過酷ですよね。職業を選べない。
とにかく芸を叩き込まれる。 反発もすると思います。
 でも、思うんですけど、小さいころから「体で覚える」って違うんですよね~。大人からの努力とはまた別のものがありそう。

 とはいえ、自分の意志とは無関係に、「それをやらなくてはならない」つらさ。彼は自らを「狂言サイボーグ」と言ってますけど。
小さいころから訓練した凄さの一つが、「身体能力」。あのジャンプとか、中腰の擦り足で移動しちゃうとか?

 シェイクスピアや、映画の萬斎さんも素敵ですが(『のぼうの城』は、彼がいなければ成り立たなかったでしょう)、でも、彼の真髄は狂言にあると思いました。
 狂言を観たくて能楽堂に行っても、どうしてもお能って眠くなっちゃうのですが(苦笑)、狂言って本当に面白い。600年の伝統を受け継ぐって並大抵のことじゃ無いと思うけど、人間の本質って変わらないのかなとも思います。
 
 そんな萬斎さんも、もう48歳かな? 舞台で息が上がらないようにと、毎日ランニングしてるし、自宅で何時間も稽古してる。自分の芸に満足することが無いって。
 芸の道ってそういうもんかもしれません。
 萬斎さんの父、野村万作さんが、「教わった通りにやるだけではまだまだ。これから、自分の世界を出していかなくては。これからだ」みたいなことを言ってましたが(全く合ってないかも。もう一度録画見てみます)、萬斎さん、演目の中で最も難しいと言われる、「一子相伝」のたぬきを演じました。あの映像だけじゃ、正直わからなかったけど、せりふじゃなく、体で、母たぬきの悲しみや愛みたいなものが伝わってきたような…(何だかわからないけど涙…)

 番組を見終わって、しみじみと感じたことは、演者がこれだけ真剣勝負してるんだから、観客も真剣勝負で観なくちゃいけないなということ。
 そりゃ、楽しみに行くんだから、いろいろな楽しみ方があってもいいとは思うけど、私は、いい舞台を観たい! 魅せてほしい!
  実力も無い人は、舞台に上がらないで欲しい。それを良しとする観客がいるからいけないのよね。 まあ、観に行かなきゃいいんですから。それが観客の答え。
 観客側も、舐められちゃいけないと思います。言うことは言わないと。
客をバカにするような公演はやめてください!
(スミマセン、急に番組と関係無いところで激昂してしまいました)
[PR]
by a-takechan | 2014-12-18 12:09 | その他 | Comments(0)

太鼓イベントで一曲仕上げる

バレエとの両立は難しいかな~と、少し遠ざかっていましたが、やっぱり太鼓は好きです。
5年前に出会ったGOCOO
http://jp.gocoo.tv/

映画マトリックスにも出てるとか?
とにかくカッコいい!

太鼓っていうと、つい和っぽいイメージあるけど、無国籍なところもいいなと思います。

何と言っても、初めてステージ観た時、舞台上の香さんが超カッコよくて痺れました。
カッコいいし、暖かくて優しいし、シャーマンっぽいし^_^。

私より、もっとハマったOさんが走りだし、太鼓の道場で稽古始めたり。

私も何度か通って、「マイバチ」も持ってるんですが、だんだん通わなくなっちゃいましたね~

何回かブログにも書いてます。

http://atakechan.exblog.jp/10879534/

http://atakechan.exblog.jp/11550987/

http://atakechan.exblog.jp/13889997/

http://atakechan.exblog.jp/17417531/

http://atakechan.exblog.jp/17487148/

結構書いてました(^^;;。まだあるかも。

思ってることもほぼ同じ。
バレエとの共通点も多い!

でもね~、そんなことどうでもいいや、というくらい、心身ともにスッキリリフレッシュするんです。

今回行われたイベントはこれ。
http://kinema.gocoo.tv/?cat=6

久しぶりだったにも関わらず、道場の先生方も私のこと覚えててくださって、「久しぶり!また練習にも来てね」と言われました^_^。
そんなこと言われたら、嬉しいよね~。

そして、昼夜通しのチケットで参加。バレエも1レッスン出てから行ったので、もう、ハードでヒーヒー言いながら、でも楽しかった~。

夜の部では、ぶっ通し2時間半で、1曲仕上げちゃいました!

GOCOOがステージでも演奏してるっていう曲。

途中、跳んだり跳ねたりもあるし~。

でも、皆さん、なんだかんだついていってました!

子供がリズム感いいのは知ってたけど、結構年配のおばさまとか、初参加の方とかも。

…頭も使います。

だいたい、やっぱり8小節ワンセット。
それが2セットで違うフレーズになる、とかね。

私たち初心者組のAパートに、Bパートが加わり、さらに香さんのソロが入ると、複雑なリズムが生まれ、超カッコいい!

鳥肌立ちました。

今日参加した、Oさんと、Oさんの大学時代のお友達は、ブラバンの仲間、もう1人の人は、アフリカの楽器ムビラを習ってるとかで、皆さん音楽好き。

かなり太鼓にハマったご様子でした。

また、東京キネマクラブがレトロでいいんですよね~。

道場はともかく、イベントにはちょこちょこ参加しようかなと思います。

まあ、私にとっては、整体やマッサージとセラピーを兼ねたようなもんかな?

参加した皆さん、笑顔でいっぱいでした。
[PR]
by a-takechan | 2014-12-08 00:39 | その他 | Comments(1)

早生まれの人が好き?..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。.

今はみっちゃんこと北翔海莉さんの応援をしてますが、過去に好きだったのは、サッカーの松田直樹選手。

全然違うジャンルのようですが、サッカーと舞台は共通点も多いです。

サッカー選手は、ピッチ上で最高のプレーをして、輝くスター。

北翔海莉さんも、宝塚という世界で、輝くスター。

2人の共通点は…2人とも3月生まれなんですよ~。そして、兄弟の下の子なの。みっちゃんはお兄ちゃんがいる妹、直樹はお兄ちゃんとおねえちゃんがいる末っ子ですね。

2人ともファンを大切にし、最高の技術を持ちながらも、どこか危なっかしくハラハラさせる。そこが「ほっとけない」魅力なのかな?

松田直樹は、ミスターマリノスと言われるほど、チームのために人一倍頑張り、頼りになる存在。
それなのに、時々、「それはやめとけ」みたいなことをやっちゃう。

ファンも、ハラハラするのを喜んでるところもありました。 代表に呼ばれたのに、監督に切れて帰国しちゃったときは、こちらもマジで切れて怒ったけど。

当時、最高のパフォーマンスを見せてくれれば、後はいいや、と思い、握手やサインも求めず、キャーキャーも言わなかった。

…でも、チームのフロントは、あれだけ貢献してきたミスターマリノスをあっさり切ったのです。
パフォーマンスが落ちたわけじゃないのに。

ファンが署名運動までしたのに、声は届かず(ー ー;)

そんなチームに嫌気がさして、次第にマリノスの試合を観に行かなくなりました。

松田直樹選手が移籍した、松本山雅というチームは、当時、J2よりさらに下のチームでしたが、試合観に、松本まで行きましたよ。

これから、練習のときに握手したり、サインもらおうと思った矢先、練習中に突然死してしまったのです。

もう何が何だかわからなくなってしまいました。

どこにいようが、何をしようが、生きてて欲しかった…>_<…。

今も、松田直樹選手のメモリアル試合があれば観に行くし、スタジアムには行かないまでも、マリノスの選手はチェックしてます。

でも…なんで、当時握手やサインしてもらわなかったんだろう、と今でも後悔(-_-)。
応援してます、頑張ってください!って言えばよかった。

何をモジモジしてたんだ?

そういうこともあって、北翔海莉ファンになってからは、手紙も書くし、お茶会へも行く。ドキドキしながら握手をしてもらう。
後悔したくないから、私も思いっきり応援させてもらいます。

サッカーからは離れてましたが、松本山雅がとうとうJ1に上がるというニュースを聞き、ホントに嬉しくて。

来年は、松本とマリノスの試合は観に行こうかな~。

あれこれやってると、お財布も大変(^^;;
[PR]
by a-takechan | 2014-11-09 14:20 | その他 | Comments(3)

カラオケでヅカ歌三昧

期間限定で日比谷にあった、ヅカカラオケルームに興味津々でしたが、結局行かずじまい。
残念!
本物の映像出るんでしょ?

一般のカラオケルームでも、最近はかなりの曲数を揃えているようですね。

先日、大雨の中、歌って来ました~。

カラオケそのものが久しぶり。

最初はそんなにノッてなかったんですけどね。

声も出ないし(^^;;

でも、声ってだんだん出るようになりますね~。

歌手名、「宝塚歌劇団」、で調べたら、結構知ってる曲も。

知ってる曲って、みっちゃんのCDで毎日聞いてる曲ですね。

無謀にも、『ひとかけらの勇気』を歌う私(≧∇≦)

そりゃ、みっちゃんみたいに行くわけにはいかないのは承知の上。

それにしても、難しい。

あんなに溜めたりできないよ~。ふ~(汗)。

宝塚に興味無い友人も、歌詞が気に入った模様。

たとえうまく歌えなくても、気持ちいいね~!

続けてエリザベートから、
『私だけに』と『愛と死の輪舞』


いや~、普段あれこれ言って、ゴメンなさい。
難しいね~。

それに、歌いながらも、「このわがまま女」とか思っちゃうし。

『愛と死の輪舞』では、みっちゃんお茶会の時の入場やら、今回の銀橋やらを思い出して鳥肌立っちゃうし。

みっちゃんの素晴らしさを再認識しました。

その後、『ララララブソング』も歌ってみましたが、以前より音程が取れるようになってたのは、毎日のようにCDを聞いてるからでしょうか?

3時間歌ううちに、声が出るようになり、最後、宝塚メドレーで閉めたときは、なかなかいけるんじゃないかと自己満足。

また、行きたい?(≧∇≦)
[PR]
by a-takechan | 2014-10-06 23:43 | その他 | Comments(2)

湘南バレエコンペティション 第二回 無事終了

 以前から、ちょこちょこと紹介させていただいていた、湘南バレエコンペティション
http://www.s-ballet-c.jp/

 第2回が無事に終了したようです。

 今回は残念ながら、観に行けませんでしたが、続けていくというパワーがすごいな~と思います。

 第一回の記事はこちら。

 http://atakechan.exblog.jp/19564116

 Aさん、ますますイキイキと、頑張ってくださいね~。
[PR]
by a-takechan | 2014-09-02 23:33 | その他 | Comments(0)

スターとファン

 先日お会いした、某会社社長は、中学生のころから矢沢永吉さんのファンで、彼の『成り上がり』を読んで、自分をビッグになろう!と思ったそうです。
 自分が何か決断するときも、「永ちゃん」の存在が大きく、まさに人生の師になっていたんですね。

 今となっては、コンサートのチケットだって、きっといろいろな手段を使ってゲットできるでしょうに、そういうことはしたくないそうで。 仲間と一緒に手分けして、電話をかけまくり、チケットをゲットするのだとか。そして、どんなに忙しくても、年末の武道館には駆けつける…。何だかステキですね~。

 周りに、「永ちゃんに会わせてあげる」という方もいらっしゃるようなんですが、「ステージ上で輝く姿を見たい!」と、それはお断りしているそうです。

 何だかわかる気がします。
 彼にとっての永ちゃんは、舞台で輝くスターなんですよね。
 そして、永ちゃんを語る彼は、社長の顔ではなく、少年の顔になって、キラキラしていました!
 私も元気をいただきました!

 私にとってみっちゃんは、やっぱりスターです。
人間的にも気さくでいい人だから、多分近くにいてもステキな方ですが…。

 それでも、舞台で輝く姿を見ていたい。
みっちゃんが頑張ってるから、自分も頑張ろう!という、そんな存在でいてほしいです!

 もうなってますけどね。これからもお願いします。
[PR]
by a-takechan | 2014-07-05 23:14 | その他 | Comments(0)

湘南バレエコンペティション、締め切り間近!

  最近、みっちゃんの話ばかりでしたが…。
 それに、フェイスブックにのせたのですっかり忘れていたのですが(ゴメンなさい!)
 今年も湘南バレエコンペティション、やるそうです。

http://www.s-ballet-c.jp/

 もうすぐ締め切りですね。

 このコンクールのよいところは、大人からバレエを始めた人の部門があること。

 ぜひ、挑戦してみてください!
 
 そうそう、このコンクール、審査員の先生方、豪華です。
 
 
[PR]
by a-takechan | 2014-06-14 11:08 | その他 | Comments(0)

まさか、グレーテルのかまどで泣くとは…

 最近、サッカー熱が冷めていたとはいえ、今も松田直樹の大ファンです!
友人が、このお菓子を紹介する番組に、「松田直樹が出るから見て」と。

http://www.nhk.or.jp/kamado/

 そうそう、松田さん、スポーツ選手なのに、甘いものが大好きって話は、ファンの間では有名でした。

 でも、激太りして怪我が増えたことで、食事制限して甘いものを食べなくなったんだそうです。

 やんちゃでアバウトな性格みたいに思われがちですが、やるときはやる!

 チームのために、誰よりも熱い人でした。

 イケメンでしょ?と私がいくら力説しても、母は理解してくれませんでした。

 2002年ワールドカップのとき、母は常さまのファン。

  「だってイケメンで頭がいいでしょ?」だって。

 松田さんだってそうよ~!

 あ~、2003年の優勝のときの映像がEテレで流れるとは。

そう、私は、熱い人が好きなのだ。
[PR]
by a-takechan | 2014-05-24 00:10 | その他 | Comments(0)