<   2007年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ビリー隊長、バレエやってるらしい!?

来日中で話題沸騰のビリー隊長、実はかなり前から気になる存在でした。ゴールデンタイムの番組は見られるはずもなく、いつもテレビは深夜番組(深夜からゴールデンに移ると、だいたいつまんなくなるよね)。通販番組も、つい見てしまうんだけど、一時期、どのチャンネルをひねっても、ビリーザブートキャンプのCMをやっていて、つい目が釘付けに。
あれにハマるのって、ちょっとわかるよね。みんな、どこかマゾなんですよ。楽して痩せようなんてナンセンス。それに、エアロビクスと筋トレがいっしょになったようで、みんなでやるとちょっと楽しそう。CM見ながら、いつも10分ぐらいやってました(笑)。
それで、自分はできなくても、ホラ、体の動きとか、筋肉鍛え方とか、見るの大好きなんで、ビリー隊長スゴイ!と思ってました。とにかく、体の芯が、ぶれないの。プリエ(?)しながら体を左右にひねる動きとかもあるんだけど、体の真ん中に串でも通ってるみたい。
あの、「頭を軸にして左右にひねる」。できないよ~。腕をまっすぐ伸ばして細かく回すのも、簡単そうだけど、実際にやると、けっこうキツイ。

しかし、ハマるのはいいけど、膝痛める人とかいるらしいです。そりゃ、あの動きを、いきなりやっちゃダメです。準備運動しないとね。あと、DVDまともにやるのは、かなりの体力が必要。で、挫折する人も多いのか、ヤフオクに、たくさん出てました(笑)

 スポーツを見てると、だいたい動きの大切な部分って共通点ありますよね。大切なのは丹田。ビリー隊長は、きっといいダンサーでもあるだろうな、と目をつけていたのですが(笑)、やっぱり! バレエもやってるそうだ(どこかで聞いた)。まあ、それが最終目的じゃなく、きっと、いろいろ学んで、新しい動きを編み出してるんでしょう。

 私も、入隊したい!とちょっと思ったけど、筋肉ムキムキになったらまずいなあ…。その前に続かない? 
[PR]
by a-takechan | 2007-06-28 01:18 | ダイエット | Comments(0)

Kバレエ、海賊!

以前、「Kバレエ、すごい!」みたいなことを書いたことがあったのに、「でも、海賊はいいや」という気分だったんだけど、思いがけずチケットが手に入り、Kバレエの公演を観に行った。もう!これはオススメです!なぜ「いいや」と思ったかというと、「海賊はあんまり面白くない」という漠然としたイメージがあっただけなんだよね。実は海賊の全幕は観たことなかったんだけど、ストーリーが漠然としてて散漫だ…みたいな…。
今回、熊川が音楽から全部洗い直して、振り付けも新たにっていう話をプログラムで読んで、ホントに感心した。だいたい、海賊の作曲はアダンだとばっかり思ってたんだけど、複数の作曲家の曲を使ってるんですね。バレエ音楽の場合、楽譜がないっていうのはよくあるし、演出ごとに変わるというのはわかるんだけど、全く何もないところから曲を集め、再構成してっていうのはなかなか個人のバレエ団ではやらないでしょ(国がやるべき!なんて…)。
それに、今回の舞台美術がまたすごかった! 単に美しいだけじゃなくて、あの船!
 ちょっと歌舞伎の装置みたい。知りもしないくせに、「ストーリーはつまんないんでしょ」なんて思ってた自分が恥ずかしい…。だって、オープニングからワクワク、ハラハラしたもん…。チケット確かに高いけど、この内容なら高くないです。
というわけで、誘ってくれたN子、どうもありがとう!感謝です。彼女は、今回初バレエ。「一度ぐらい熊川哲也を観ておきたい」という友人に誘われてチケット取ったんだとか。熊川哲也と吉田都が主役を踊るという、プラチナチケット! 
その方が行けなくなったとかでチケット回ってきたのは、まさに運命でしょうか?(大げさ)。
バレエは初と言いつつ、いろいろと舞台は見慣れてるし、バレエを観た彼女の、鋭いコメントがなかなか面白かった。
…で、すっかりバレエにはまってしまったらしい。特に吉田都さん。

熊川の代役も、最初は「橋本直也ってだれ?」って感じだったけど、なかなかよかったです。だけど、やっぱり熊川-都さんペアで観てみたかったなあ。
 昔、「性格悪いなあ…」などと思っていたころも(だって、ローザンヌバレエコンクールのゲストに呼ばれたときの、態度の悪さと言ったらアナタ…)、踊りはよかったよね。特にドンキとか青い鳥とか。ケガが治ってから踊りはどう変わっていくのかなあ?
 それに、教室やらワークショップやらいろいろと手がけていて、なかなかやり手ですね。日本のバレエって、どうしても「家元制度」的は、習い事っぽいイメージが強かっただけに、Kバレエの出現は本当に画期的。今後も期待してます。(でも、DVD高すぎ…) 
[PR]
by a-takechan | 2007-06-20 03:53 | Comments(0)

よいオーラは広がる

レッスンでは
「あ、○○ちゃんできててくやしい!じゃなくて、わ、いいね~私も頑張ろう」と思うことが大切。確かにうらやましがってばかりでもしょうがないし。
かと言って、「すごいな~」で終わったら意味なし。
「いい刺激を受けるべき」という、これも先生の受け売り。
確かに、いいオーラは広がるっていうか、刺激し合って新たなエネルギーを生む。
うまい人と一緒に踊ると、うまく踊れる(ような気がする)のは、そのせいかな?

これってバレエだけじゃないかも。
いつも楽しくて前向きな人は周りに元気を与えるけど、常に悪い方へ悪い方へ物事を考える人は悪い結果を生む。
実のところ、状況は同じ(同じ目に合って)でも、受け止め方の問題なのかもね。

☆下を向かない!(これは、「精神的に」じゃなくて、「物理的に」
これ、クセですね。自覚症状なかった。
これは体のバランスも崩れるから、絶対ダメだ…

☆グランの準備のポールドブラ
これは、グリッサ妹からの指摘。
これもクセかな。腕が正しい位置を通らない。

☆一番問題なのは、気付かずにやってること。「気付き」が大事だ!

まず、「脳を変える」ことが大切なんだよね~。それが一番むずかしい。
あと、一度できるようになったものは、維持すべき。ジュテ・アントルラッセの
ときのつま先は伸びていたはずなのに、これもまた伸びてなかったらしい。
脳ね、脳。
[PR]
by a-takechan | 2007-06-16 10:17 | バレエの悩み | Comments(2)