<   2007年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

くるみ割りの季節がやってきた!

1年経つのは早いもので(いや、まだ終わってないぞ~)、もうすぐ師走だなんて、考えたくないです~。
 でも、確実に…時は流れているのです。ベジャール氏の死には驚きました。いや、オシムさんの容態に気を取られていてショックを受けているうちに、いきなりなニュース。「一つの時代が終わってしまった」というほど、全盛期のベジャールを知ってるわけでもないのですが(だいたいジョルジュ・ドンをナマで観ていないのに、あれこれ語れません)、でも、私がバレエの舞台を観るきっかけになったのが、1993年に上演された「M」。初めて見たバレエがベジャールっていうのも、今になって思うと何だかな~って思うけど、純粋に舞台として衝撃を受けました。っていうか、日本人じゃ、あんな描き方はできないよなあ。
 最近はあまり舞台を観ていなかったことが悔やまれます…。新作に向けて意欲的に活動している最中の死だったとか。ご冥福をお祈りします。

 師走と言えば『くるみ割り人形』。
毎年、友人といろんなバレエ団の作品を観ている。各バレエ団によって演出や雰囲気が多種多様だという点では、他の作品もそうなんだけど、やっぱりくるみ割りですから、ある程度華やかなほうがいい。
 でも、さまざまな失敗もありました~(笑)。下手すると、発表会だからねえ。いろいろ観てきた中で、やっぱりKバレエは素晴らしかった。あと、上野水香のクララ(東京バレエ団)もよかったけど、まだ牧にいたときに演じたアラビアがかっこよかった~。
 ロシア系のバレエ団もいろいろ観たけど、実は日本のバレエ団のが結構面白い。見終わったあと、細かいところあれこれ言いながら飲むのもまた楽し。迷った挙句、今年はこれ。スタジオ・ベラーム。
http://www.belleame.org/2007_kurumi.html

 スタジオ・ベラームといえば、12年前になるのかな、『緋文字』を観て大感激した。創作バレエ、多胡先生の作品の素晴らしさに涙したのだ。
 でも、このポスターで気になることが…。
主演の二人でなく、なぜか、ドロッセルマイヤーの沢木順氏(だれだ?ミュージカル界の怪人って?)が写真つき。ドロッセルマイヤーといえば、割とクセのあるキャラクター的なおじさんが踊る場合と、最近は、ちゃんと踊れるカッコいい系が増えてきていたように思っていたんだけど、これはどう考えても…。
 まあ、生オケだし、指揮は福田先生だし、バレエミストレスは大好きな尾本安代さんだし、ん?特別顧問は谷桃子先生だ~。やっぱり楽しみ。あのオープニングの音楽を聞くだけでワクワク!

 
[PR]
by a-takechan | 2007-11-29 17:32 | Comments(2)

出し方がわからないだけ!?

基本的にレッスンは週2回。1回はお月謝だが、週末は他の予定もあるためチケットにしている。

 曜日によってレッスンのカラーがあるのが面白い。
土曜日は人数が多く、大人から習い始めた人たちも多い。どのクラスもじっくりやってくださることに変わりはないのだが、時に笑いが入ったり、なごやかなムード。
 それに対し日曜レッスンはほとんどが受験生。笑いはほとんどない。
この子はできると思うからこそ、厳しい言葉がとぶ。中には目を真っ赤に泣きはらす子も…
 最初は「居場所ないかも」とビビっていたものの、少し慣れるとこの張り詰めた緊張感が心地良い(受験生にとっては邪魔かもしれないけど)
 もちろんレベル的には他クラスと変わらないので、何とかついていける(足を引っ張っては悪いと、思うのもやめにした)
 それに考えてみると、周りのレベルが高いので、ほかの人の注意も勉強になる。
何より人数が少ないのがいい。

○先日印象に残った「先生のお言葉」
技術じゃなくて表現力の話。
「ない人なんていないの。みんな持ってます。その出し方がわからないだけ」
特にプライドが高い人ほど頑なだったりするようだ。
まあ、性格もあるだろうな~

 受験生のSちゃん、すごくカワイイし、バレエもすごくうまくなってる。
でも、いつも少し自信なさげ。そこが歯がゆい感じ。
先生もそこを感じてらっしゃるんだろう。まあ、反対に自分をアピールする子はする。ビックリするほど。
彼女も、もっと自分のよさに気付いて、ひとつ脱皮できれば変われるんだろうな。

「A子は気分はできてるんだけどね。気分だけじゃダメ」
それもトホホな話である(T_T)

☆月曜夜中に『うたスタ』っていうオーディション番組をやっているのだが、そこで「先生方」が、「たとえ失敗しても、失敗したという顔はしないほうがいい」とおっしゃってました。
これってバレエにも言えることで、センターで失敗すると、照れ隠しもあって、「あ~ダメだ」みたいになっちゃう。たとえ途中くずれても、最期だけはきちんとみせるとか、失敗しても堂々と見せると、失敗には見えない場合もあるし、少なくともグズグズに崩れることはありませんよね。
サッカーでもそうだけど、とにかくあきらめるとどんどん泥沼にはまります…すべてメンタルの問題ですねえ。
[PR]
by a-takechan | 2007-11-13 10:54 | Comments(0)

ひとつづつきっちりと進もう(希望)

今月はレッスンの日が5週目に当たって休みだったり、祝日だったりして、ずいぶん長い間レッスンできない日々が続きました。すると…何だか身体がなまって体調が悪い。体重は変わらないのにお肉がプヨプヨ!? まずい! 一生懸命歩いたりはしてるんですが、なかなか~。
 で、久しぶりのレッスンだと身体が動きませんね(続けてると動くのか? 1人つっこみ)

 例の「狐になっちゃうグラン」、やっぱり相変らずだったみたい…。パデシャもフレックスに!? ありえない!カッコ悪すぎ(泣)
 どうも、特にグランは、ひとつひとつの動きがアバウトになってしまう。グリッサ妹といっしょに「居残り練習」をしていたところ(お互い、相手のダメ出しはできる=自分のことってよくわからない…)、K子先生にも、「ひとつひとつの動きをきっちりとイメージしてやってみたら?」と言われました。

そのとおり!
そうすれば、「ここの足は5番(6番になりがち。だから日本舞踊っぽい)」、「ここのつなぎはこう」と意識が明確になるかも。

先生はよく、
「踊りはセンテンスよ」
とおっしゃいます。
パのひとつひとつが単語やフレーズだとすると、それをつなげるのが踊り。ぶつ切りでは踊りになりません。
その辺がむずかしい。
「パドブレ」とかって「つなぎのパ」なので、その辺が流れるようにいかないと、
「わたし、ダメ、あるよ」みたいな、謎の中国人みたい(中国の方に失礼でした。ベタなイメージってことで)になってしまう。
嗚呼、流れるように踊ってみたい。

☆今さらって感じですが、『のだめカンタービレ』のマンガを借りて読み、さらにDVD借りて見てます。
ドラマ、いいかも。竹中直人がドイツ人?とかいろいろあるけど(笑)、かなり原作に忠実。だいたい、あのマンガがどんなドラマになるんだ、と思っていたけど、いいなあ。
演奏とかも、それっぽい。…うん。

 クラシックは結構好きだけど、ベートーベンの交響曲はちょっとね~(ゴリゴリなイメージ)、やっぱりブラームスとかチャイコフスキーが好き!なんて言ってましたが、もう、久しく聞いてなかったベートーベン交響曲、CD5枚組なんて引っ張り出して、しかも7番…カッコイイ(ホント、我ながらミーハーだ)

 このドラマでも、結構バレエ音楽使われてますねえ。
竹中直人演じる、天才指揮者(エロ爺)のシーンになると、プロコフィエフのロミオとジュリエット。あの、大好きな舞踏会のシーンね。『くるみ割り』も出てきたなあ。
というわけで、音楽だけでも楽しめる。

 そうそう、そこで感じたことは…、やっぱり音を楽しまなきゃいけないってこと。「あれもダメ、これもダメ」って頭ごなしに言われると、小さくまとまっちゃうんだよね。

 子供の頃、最初に習ったピアノの先生がすごく恐くて、手なんか叩かれた記憶があって、ピアノ嫌いになりかけたんだけど、次の先生がすごく優しくて楽しくて、好きになったなあ。
「親にやらされてる」という意識が大きかったときはダメだった。
発表会とかで弾く、ショパンの『子犬のワルツ』みたいな、かわいい曲をもらえる頃からかな、ピアノが楽しくて好きになったの。

 バレエも、大人から習ってる人は、自分がやりたくて通ってるから頑張れるんだよね。
 お稽古場でも、ジュニアから習ってた(親に習わされてた)子たちは、中学生ぐらいになって、辞めちゃう子も多い。
 大人から見ると、「その年でキャリア10年なんて、辞めたらもったいない」と思うんだけど、辞めそうな子は見てて分かる。どんどん顔が能面みたいになっていくからね。

一向に上達しないのに、楽しくて踊ってる大人は…少なくとも能面にはなりません(笑)
[PR]
by a-takechan | 2007-11-09 00:12 | Comments(0)