<   2008年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

織田くんが戻ってきた!

実は、テレビで初めて見たときから、織田くんの大ファン(あ、フィギュアの織田信哉くんです)。それもいきなり号泣の記者会見。何てあけっぴろげな子供のような顔をするんだ? それからパジャマでの踊り(じゃないか・・・)でしょ、やられちゃいます(おばちゃん?)

 あの事件というか騒ぎのときはとっても残念で、このブログにも書いた覚えがあるが、「あんなことではへこたれない」と信じていた。
「ファンの方にささえられました」というコメントを聞き、あ~あ、ファンレター出せばよかった、と今ごろ。いいんだ、演技で見せてくれれば。

 で、やってくれましたね~。夜中に録画見てすぐ、パソコンに直行。これを書いてます(あー、早く寝なくちゃ~)

 ショートプログラム、素晴らしかったね。技の一つ一つが完璧だけど、そんなことよりも何よりも、演技できる喜びに溢れていた。伸び伸びとしていてしなやかで、はつらつとしたエネルギーのオーラ(日本語になってない?)が見えました。
見ててワクワクするよね。

 で、少し大人っぽくなったかな、と思ったけど、インタビューで舞い上がってる感じがまたカワイイ。 

 明日のフリーが楽しみだけど、何か、規定とかそういうのは、どうでもいいや。実は順位にも興味ない。内容がよければいいです。

 そう、バレエ界で、いないなあ・・・いや、いるのかもしれないけど。

 ☆もちろん、浅田真央さん(ちゃんって感じじゃなくなってきました)、今日の演技よかったねえ。2週間前の不調を立て直してくる、あのメンタルの強さにいつも感動。

 実はいつも応援している中野ゆかり。う~ん、やっぱりここぞというところで弱い。 でも、表情は明るくなった。訓練してるらしいけど。

 あれやこれやで、もうハードディスクいっぱいだ~ 
[PR]
by a-takechan | 2008-11-29 02:17 | Comments(2)

本気で踊って!って本気なんですけど(泣)

 土曜日はほぼ講習会のレッスンになっている。土曜日なかなか行けなかった私は、多少あせる。
 いや~、ホントはもっと焦るべきところ、まだボンヤリしてる感じ?
いつもそう。エンジンかかるのが遅い。そして「振りを覚える」ことと「踊れる」ことは別物ということもわかっちゃいるんだけどね。

 自分では一生懸命踊ってたつもりなのに、「マーキングじゃなく、ちゃんと踊って(;_;)」と先生の厳しいお言葉。

まだ、わかっちゃいない部分もあるし。
とくにバロネのタイミングが難しい。

 まだ間に合う)`ε´( 
 本気モード、スイッチ入りました(^_^)v
[PR]
by a-takechan | 2008-11-24 00:00 | Comments(2)

新作バレエ アラジン

 新国立で、時期芸術監督に決まったデビットビントレーさんの新作バレエを観にいった。世界初公演の初日ということもあってか、ものものしい雰囲気。牧先生もいらしてたし、ロビーは華やかな雰囲気。私も最初はM-yeさんのお誘いに乗った形だったけど、彼の作品を知るうちに、期待感が高まった。
今日初めてお会いするM-yeさんのマイミクさんもいたというのに、電車のトラブルで何と遅刻(汗)・・・ダメですねえ。あせりまくりの汗だくで、優雅な舞台どころじゃない。

 評論家じゃないんで(素人の強み)、勝手なこと書きます。(でも、日本のバレエに対する愛はあるつもり)
 まずは作品について。いや~音楽が素晴らしく、舞台美術と衣装もすごくステキでした。・・・と、奥歯に物がはさまったような言い方? ストーリーはね、まあ、期待が大きかったのもあるけど、少し・・・
 一幕は良かった。キラキラと楽しくて、くるみ割りみたいに定番になるかも~と思ったんだけど、2幕が少し短絡的かな~。3幕も最後全員登場して華やかなコーダ、とか欲しかったです。
 でも、やっぱり違和感はあの香港の祭りみたいな蛇踊りと獅子舞かな? プログラムを読むと、アラジンの舞台は中国で、アラジンは謎の中国人らしい(笑)なんだけど、そしてバレエにはありがちな謎の東洋っぽさなのかもしれないけど、とても(?)
 それと、これは、頑張ってほしいからあえて言うんですが、日本人ダンサー、やっぱり地味。これは昔から言われてます。テクニックはあるけどって。演技力かな~。いや、それ以前の個性とかオーラが…。

 これは、以前観たKバレエもそう。好き嫌いは別として、熊川哲也はやっぱり強烈なオーラがある(あ、彼も日本人だけど)。他の男性ダンサーたち、印象に残らないのよねえ。
ランプの精の吉本泰久、魔術師のマイレン・トレウバエフは良かったです~

 まあ、こんな風に好き勝手なことを公演後、地下のパブでワイワイとしゃべってたら(しかも、間違いもあり・・・あとでプログラム見て赤面)どーも、隣のテーブル、出演してたダンサーたちだったみたい・・・(でも、あまりにフツーだったから、よくわからずだけど)
☆サッカーでも、ワールドクラスの試合を観てしまうと、Jリーグは技術的にはまだまだかもしれない。でも、JリーグにはJリーグのよさがあるわけなので、バレエもやっぱり、これから日本のバレエを観続けて行きたいですね。 10年前の柿落としのころに比べたら、コールドとかは格段にうまいと思いますし(あ~、こういうときの自分は、思いっきり観客目線ですから)

 まあ、公演が終わったのは5時過ぎだというのに、しかも、今日初めてお会いする方もいたのに、バレエという共通項というだけじゃなく、何となく乗りというか波長が合ったのか、しゃべるしゃべる(笑) まず、M-yeさんとの出会いも、大人からのバレエがあったからなわけで、バレエから生まれたこの「ご縁」に感謝です。

 またいろいろとしゃべってると、バレエやりたくなるよね。今日のレッスンもまた凹んだけど、凹んでないで頑張るぞ~と。
[PR]
by a-takechan | 2008-11-17 01:10 | Comments(2)