<   2012年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ツボ押し体操

クロワッサンでまた「ツボ特集」だったので買ってしまいました。
http://magazineworld.jp/croissant/826/

 って、ツボ特集もたくさん持ってるのに…。ツボの単行本も持ってるのでだいたい知ってるのに(笑)

 読んでみたら、やっぱり知ってる(苦笑)

 それでも新しいと思ったのが「ツボ体操」 ただツボを押すだけじゃなくて、ストレッチも取り入れた動きがとてもいいなと思いました。

 毎日のストレッチに取り入れよう!
[PR]
by a-takechan | 2012-03-27 12:20 | 健康 | Comments(0)

イメージトレーニング

 週末、祝日とイベント続きでへとへと(^_^;)。
軽い風邪と花粉症は続いてるし、仕事も山積み(≧ε≦)

 太鼓無理かな~と思ったけど、今日は第一次ワークショップの最終日だしと力を振り絞って行きました。
そんなに頑張らなくてもという思いもあるけど、やっぱり行って良かった~(^O^)詰まっていた体がスッキリ。

 ワークショップ、毎回いろんなテーマでやってくれるところも楽しいけど、何より先生方が魅力的だ。
ワークショップAクラスでは毎回違う人が講師を勤めるので、その人の個性が出るし、他の先生方もスタッフとしてフォロー。

 何よりリーダーのカオリさんが毎回いらしてるし。

 いつも書いてるけど、ホントにバレエに繋がるアドバイスがあるな~

この日なるほどと思ったのは、自分の周りの空気間を感じること。
これってバレエで常に言われてることです(`∇´ゞ。
体全体を使い、バチの先で球体の内側をなぞるイメージ。

 太鼓の音を空高く響かせるイメージ、反対に地の底までもぐって響かせるイメージなど、結構イメージを大切に太鼓を打つ練習もしました。

 すると不思議。
 だんだんと音が変わっていったんだよね。

 いつも思うのは、初めて参加する人たちがみんなうまい。先生方のフォローもあるけど、また複数の太鼓の音色っていいですね~。

 太鼓って実は腕だけで打つのではなく、全身を使います。丹田に力を入れ、床を使って膝を伸ばし、肩甲骨を開いて腕を伸ばし…。だから、打つだけでゼーゼーして息が切れるほど。
 それでも、詰まった関節がほぐれて気分爽快。

 先生方はじめ、スタッフの皆さんも本当に無駄な肉が無いのはそのためね。
 背中やお腹が出たスタイルで露出度高めの服装の人も多いんだけど、皆さんカッコイイ。

 太鼓もちゃんとやれば痩せるだろうな。

 例によって1時間はあっという間でしたが、ある意味これぐらいがちょうどよいかもしれません。

 5月からまた次のクールが始まるらしいので、それにも参加しつつ、たまにはタオの道場にも行ってみたいと思います。毎回参加できる保証は無いので、私はやっぱりAクラスがいいなあ。
 次回はBクラスで、とおっしゃってる方もいたし、AとB両方出ている方も結構います。

 その前に、GWにやるというタオの発表会も見に行こう。

 鶯谷のキネマ倶楽部、昭和の香りがプンプンで、江戸川乱歩の黒蜥蜴とかやったら似合いそう(笑)。自分たちのレッスンが終わり、2階のゴージャスなソファーのあるスペースからBクラスの練習風景をのぞくのもなかなかでした。

 レッスン終わったらさくっと帰ろうと思ったんだけど、結局また飲みに行っちゃいました~(ハー)

 
[PR]
by a-takechan | 2012-03-22 12:19 | その他 | Comments(0)

ステージで太鼓を叩く(^O^)

 キネマ倶楽部でのワークショップ、先週不参加だったので2回目の参加です。この日は前回のメンバーに加え、新しい人も増えてました。

 毎回スゴイと感心するのは、初参加の人達が結構うまいこと。

 今日は深い「お言葉」もありました。

 太鼓は、音程が無いけど、叩き方や弾き手の感情で、音色が大きく変わるということ。

 実際、固く叩いたときと、体全体を使って叩いたときの音の違いを感じたり。
香さんの演奏を目をつぶって聞き、感じるという時間がありました。

 香さんの演奏はどちらも素晴らしく、逆に「どっちもいいかも」と思ってしまいましたが、確かに違いました。

 あと、太鼓と武道との共通点の話とか。

 以前から剣道と太鼓の共通点を感じていたのでとても腑に落ちました。

 前回も言われた、「周りを感じる」ということも。ついつい目の前の自分のことでいっぱいいっぱいになっちゃうんだよね。

 でも、周りを感じた方が楽しい(^O^)

 今日はさらに高度なレベルに挑戦。

 何と3グループに分けてセッションしたのです。

 それぞれのパートを単独でやる分にはできるんだけど、別のパートを聞くとわかんなくなっちゃう(^_^;)

 それでも始めてみたら、めちゃカッコイイ\(^ー^)/

 楽しい

 体も心も軽くなる

 そして、会場のステージに設置された太鼓を、メンバーが順番に叩くことに。

 ステージに上がると世界が変わりますね。

 演奏の一部で、ステージ上の3人だけの、いわばソロ演奏の時間もあってゾクゾクした。

 この日はOさん参加できず、一人だったけど楽しかったな~

 来週はお休みするけど、無理してでも行けばよかった。


とは言え無理は禁物ですね
[PR]
by a-takechan | 2012-03-09 00:42 | その他 | Comments(0)

バレエ反省サークル?

 お稽古場で一緒のN子さん、年齢は私より一回り上だけど、ポジティブでバレエに対する思いが熱い\(^ー^)/。
新しいアンシェヌマンも受験生より早く確実に覚えちゃうので、「年のせいで覚えられない」という言い訳は通用しない(^_^;)

そんなN子さんとTちゃんが、最近メールでお互いのバレエに対するコメントをしあっているという。
何て前向き!

早速混ぜてもらうことにしました。
以前から、N子さんはざっくばらんにいろいろ見て言ってくれてたのでありがたいと思ってたけど、定期的に言い合うとなると、レッスン中もメンバーの動きをよく見るようになりますね。

特に私は周りを見ない性格なので(^_^;)、そういう意味でも勉強になります。

なかなか3人揃わないのですが、昨日のレッスンでN子さんに言われたのは、「体の芯ができていない。表面で踊ってる」ということ。

確かに(≧ε≦)

先生からも常日頃、「正しく体を使えないと、レッスンに来てももったいないわよ」と言われてます。
体も変わらない。

それに、いや~今頃(春先)の気候ツライ~
 どよ~んとしちゃってて、レッスンダメダメでした。 仕事で一日中飛び回ってたのもありますが(汗)
第一心が乱れてる感じ。

 これからは特に、ちゃんと考えて効率よくレッスンしなくちゃダメですね。 

★昨日からバーのアンシェヌマンが新しくなったんだけど、「もう覚えたわよ」とメールが来ました。スゴイ!

 
[PR]
by a-takechan | 2012-03-07 13:28 | バレエの悩み | Comments(2)

毎日続けられるストレッチプログラム

 いつもオオカミ少年のように、「ストレッチやる、やる」と言ってやらない私。 新年初稽古で先生のお言葉に感銘を受け、一念発起したはずが…3日坊主。 

 でもね、私と正反対でコツコツとまじめなTちゃん。 私同様、体が固かったはずなのに、先日Y字バランスができたんですって~! うらやましい。

 「どうして?」と尋ねたら、「毎日ストレッチ続けたの」というお返事。
 「どんなストレッチ?」と興味津々の私は、さっそくレッスンのときに教えてもらいました。 うん、確かに理にかなった流れ。だけど、全部知ってるストレッチじゃない。

 そうなんですよ。なんだかんだ言いながら、レッスン歴も長いし、お稽古場ではいろんなストレッチを教わってるのです。

 「まったく同じじゃなくて、自分に合ったことやった方がいいと思うよ」とTちゃんに言われ、私は先生に言われたあんなこと、こんなことを思い出しました。

 もともと骨盤が落ち気味でタックインしているのに、最近デスクワークしながら、自分の姿勢の悪さに驚くことがあります。 それに伴って、ますますハムストリングが固くなってるし。

 この腿からお尻にかけての肉のつき方は、やっぱり骨盤のゆがみだよな~。

 そうやって、知識だけは中途半端にあるもんで(苦笑)

 Tちゃんに教わったストレッチをもとに、自分用のプログラムを考えてみました。


 Tちゃんストレッチのよいところは、最初、床に寝て、骨盤体操みたいなのから始めるのです。確かに最初はゴロゴロ体をゆるめるのは理にかなってる。
(本もたくさん読んでるんで、「ゆる体操」系がいいのも知ってはいるんです)

 そのあと、左右に足をかけながら、股関節を開くストレッチ。 これも順番としてはいいよね。

 そして、いよいよ起き上がって、左右に足を広げて前に体を倒す、一般的なストレッチになります。

 ここで、体の柔らかい人の場合、そのまま体を前に倒せばOKなんだけど、骨盤が落ちて背中が固い場合、背骨がまっすぐにならないで、エビみたいになっちゃうの。 これじゃダメなのよ。 エビになるぐらいなら、足をそれほど開かず、前に倒す角度が少なくても、まっすぐ骨盤ごと倒すことがポイントです。

 そうそう。

 最近、少し体がゆるんできてるのか、骨盤がゴリゴリ言うんだよね。 腰痛。

 ストレッチしながら腰痛も改善すればいいな~。 そしてウエスト作りにも(笑)

 前後開脚も、いきなりは無理なんで、まずは前(右)の足を折り曲げて(正座状態)、後ろ(左)の足だけまっすぐ伸ばし、そのあと右足も前に伸ばすと少しやりやすいです。 これもTちゃんから伝授されました。

 左右の開脚は、股関節の条件が人によって違うので、あんまり無理しない方がいいみたいなんだけど、前後は続けるうちに柔らかくなるらしい。

 一連の動きを続けると、結構なお時間になりますが、どーせダラダラテレビ見たりしてるんで、見ながらやればいいのよね。

 Tちゃんは、仕上げに胸ぐらいの高さの箪笥に足をかけてストレッチしてるそうです。 それって我が家に該当するものがないな~と思っていましたが、キッチンの流しの台はよさそう。とはいえ、ちょっとすべりそうでこわい。これはまだやってません。

 私が先生に言われているのは、前後に骨盤を動かすこと。骨盤が落ちているので、椅子に浅く座ってまっすぐ立つ。 これもやんなきゃなのです。 あとは、横になって足を上に伸ばすだけでも良いらしい。

 まあ、何より「毎日」続けることですよね。

 さらに今日、ネットでいろんな骨盤体操のyoutubeとかもチェックしてみました。

 この辺ちゃんとやらないと、バレエ以前に腰痛と姿勢の悪さで歩くのもままらなくなっちゃう。

 とにかく私に足りない「コツコツ」に挑戦します。
[PR]
by a-takechan | 2012-03-05 18:51 | レッスン | Comments(2)

ローザンヌハイライト見ました~

 菅井まどかさん優勝で一躍注目を集めたローザンヌ・バレエコンクール。 本当は、放映はまだ先らしいけど、一部ハイライト版を放送し、さっき録画を見ました。
 まずは、久しぶりにコンテストを見て、バレエ観るの楽しいね(笑)。最近は、あんまりちゃんとバレエ観てなかったんで。

 あと、ローザンヌって若手の登竜門だから、荒削りでも才能を見出すというイメージがあったんだけど、わー、すごくレベル高い。 吉田都さんの解説を聞くと、あ~なるほどね、と思ったけど、聞かなければ入賞者の皆さん、プロでやっていけそう。

 最初に新聞で見た第一印象どおり、バレエだけだったら、もしかしたらほかの子の方がバレリーナっぽかったし、よかったかも。 あの視聴者賞を受賞したアメリカの子、表情豊かで可愛かったし。

 まどかさん、コンテンポラリーだな~この人は! と思った。 迫力ある。 っていうか、昔ローザンヌをよく見ていたころは、バレエできてもコンテンポラリーになると、日本人だめだな~って感じだったから。

 都さんによると、まどかさんは、練習やスタジオではそれほど目立たなかったんだけど、舞台に立つと輝きだしたんだそうです。 それって本物~。

 細かい技術的な点はよくわからないけど(みんなうまいし)、彼女は、「踊るの大好きオーラ」が出てる気がしました。

 留学先は、まだ検討中だそうです。 なんだ、ぜひバーミンガム行ってほしいけど。

☆あと、個人的にはあのスイスの男の子、かわいかったしうまいと思いました。あと、中国人の男の子。 この人も「何かある」って感じ。

 踊りって観るほうの好みもあるよね~。

 最後に熊川哲也が、「コンテストはバレエ人生にとって何の意味もない」みたいなことを言っていて、それもよくわかるんだけど、何よりもこれできっかけをつかんで海外に留学できることは大きい。 日本でプロになるためには、特に小さいバレエ団やお稽古場でレッスンしてる子にとっては、コンテストは大きいと思います。

 とにかく、前途有望な若者にはぜひ頑張ってほしい!

 最近、スポーツにしてもどの分野でもそう思う。

 今日代表デビューはできなかったけど、サッカーA代表に呼ばれた子も期待持てそうですね。 われながら、ちっとも名前覚えませんね~(笑)

 バレエにしてもサッカーにしても宝塚にしても、下のほうにいるころから「光る何か」を見つけて応援するのって楽しいのかもね。
[PR]
by a-takechan | 2012-03-01 01:24 | 舞台作品 | Comments(2)