<   2012年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

タオリズム2012年

 このブログでもたびたび太鼓レッスンの話を書いていますが、この「太鼓」とは?
あれは3年前? とあるきっかけで「GOCOO」のライブを見てぶっ飛んだのです。
http://www.gocoo.tv/
 リーダーの浅野香さんを中心に1997年に結成されたという和太鼓バンドなんですが、「和」だけじゃない、アフリカンっぽいようなネイティブアメリカンっぽいような…とにかくパワフルでカッコイイ集団でした。
パフォーマンスもカッコよかった~。そうそう、映画『マトリックス』にも曲が使われてるんだって。

 それはともかく、そのライブのときに、「太鼓の道場がありますよ」と言われました。GOCOOのメンバーが直接指導してくれるという「タヲ」
http://www.tawoo.tv/

 さっそく参加してみたものの、あまり頻繁にも行けず…。
昨年の震災後はしばらく活動そのものもお休みだったようで、さらに足が遠のきました。

 毎年5月の連休に発表会があるのも聞いてたんだけど、連休は旅行しちゃっててそれも行けなくて。

 今年は初舞台生もいないし~ということで、旅行は連休をはずすことに。(注:旅行は主に、宝塚に初舞台生を見に行くことが多かった)

 で、浅草公会堂まで発表会を見に行ってきました~。
午後2時から、最後のGOCOOライブが終わると、もう午後7時過ぎだったというのに、全く飽きなかったし疲れなかった~。
 本当にドキドキワクワク、血が騒いだな~。
「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃそんそん」というフレーズが頭の中を駆け巡る…(笑)
http://www.youtube.com/watch?v=PzKfk0Koykg&feature=share

 ダイジェストがyoutubeで見られます。

 そりゃあ確かに、うまいとかまだまだ、とか、技術的なことって見ているとわかるんです。音も違うし。でも~! 皆さん、ホントにいい顔してたな~。もう、心から楽しくて仕方ないって感じがほとばしっていた。 舞台からとてつもないパワーとオーラをもらって元気になりました。

 Oさんと私は、「やっぱりあっち側がいいね~」という話をしつつ、「でも、あの腹出し衣装は無理だわ~」とか、練習もしてないくせにそんな話を(苦笑)

 中でも感心したのは、小学生クラスの「コタヲ」と、もっとチビの「ココタヲ」。チビたちが人気をさらってしまうのは、バレエと同様なんだけど、コタヲにはびっくり。ちゃんと教わって、ちゃんとやってるからうまいんだよ~。腕のしなやかさとか体の使い方とか、「あ、きちんと教わったとおりにやってるな」ということがよくわかりました。あ~、若い子は吸収早いわね~。

 それからちょっとドキドキしながら注目したのは、今年初めて舞台に立つという「ルーキーズ」。何たって香さんと一緒に舞台に立てるなんてうらやまし~。貴重だわ。

 うまくリードしてくれるんで、結構やるな~と思いました。 でも…、あの一人ずつ打つ場面は緊張するだろうな(汗)

 あの、グループ(曲チーム)はどうやって決まって、曲ってどうやって生まれるんだろう?とか、まだまだ謎はいっぱいですが、もう、客席で一緒にリズム打っちゃったよ~。 じっとなんてしてられません(笑)

第二部最後に、コタヲ、メンズ、エルダーズ、アドバンス、GOCOOといった各ジャンルの代表メンバーが合同で一曲やったんだけど(太鼓の数に限りがあるため)、もう鳥肌ものでした。 「ELEVEN」という曲は、去年の震災後に生まれた曲だそうです。

 太鼓を前にすると、もう年齢とか関係無いな。そりゃ、全身運動だし、体力つけないと、息が上がってゼイゼイなのはわかるけど、もうお目目キラキラですよ、皆さん! ホントに感動した。

 何度か練習でお見かけしたような顔もあり、あ、地道にキャリアを積んでるんだな~と思いました。

 バレエにしても太鼓にしても、人との競争じゃなくて、自分の歩みでやればいいとは思うけど、何と言うか、大勢で生み出すパワーっていうのは、練習の賜物だろうと思いました。
 出たら出たで、皆さんいろいろ悩みも尽きないとは思いますが、それでもきっと充実感に溢れてるでしょう。 また、1年頑張ろうと思いますよね。

 いきなり発表会はハードル高いけど、もう少し練習に行きたいものです。
[PR]
by a-takechan | 2012-05-07 23:50 | 舞台作品 | Comments(2)