<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

祝!羽生君、金メダル!

 2週続けての大雪、勘弁してほしい…。 

 昨晩は疲れたこともあって早寝し、夜中3時前に目覚めて男子フィギュアシングルフリー、見ました~。

羽生君、初の金メダルおめでとう! 

残念ながらちょっと転倒しちゃったのですが、堂々の金メダル。それでも、悔しがってるところが彼のスゴイところですね。
高橋は残念ながら6位だったけど何とか入賞。町田君は巻き返して5位でした。

高橋の演技、ジャンプで減点やらいろいろあったと思いますが、私はやっぱり好きです。今回で最後だと思うと、『ロングアンドワイディングロード』の曲を聞いただけで、涙が出そうになりました。本当に長くて厳しい道のりだっただろうな~、でも素晴らしかった。

羽生は常に冷静で、昨日のショートでは、団体戦のときの問題点を修正して臨んだとか。いやいや、修正できちゃうところがスゴイよね。

ショートに使われている、『パリの散歩道』っていう曲、NHKのお笑い番組、『サラリーマンネオ』に出てくる、「セクスィー部長」登場の曲なんだよね~。いい曲なのに、つい笑いがこみ上げてしまうのは私だけ? 

いや…「わかる人だけわかればいい」笑いでした。

羽生君、ゴメン!
[PR]
by a-takechan | 2014-02-15 05:14 | その他 | Comments(0)

熊川哲也×松岡修造の対談。そうだね、Do it!

日ごろ、ほとんど放置してるのに…。今日は3度目の書き込みです。
 今日、BS朝日で、熊川哲也と松岡修造の対談番組がありました。

 いや~、面白かった。
 感心した。

 昔から(ブログでも書いてたかもしれないけど)、性格的には好きになれないけど、舞台はやっぱりいいな~、と思っていた熊川哲也。 自分でもわかってやってたっていうか、敢えてやってたところもあるんだね~。

 ちょうど靭帯断裂の事故の直後かな、もうすでにバレエ団を率いていて、やっぱり熊川君が舞台に出ないと、お客は呼べないんじゃないかと思っていましたが、ダンサーとしてだけでなく、演出家、振付家、そしてビジネスマンとしても優秀なんだな、と感心したことを思い出しました。

 だいたい、日本のバレエをあれだけ変えた功績は大きいと思います。
昔から、「日本のバレエはお稽古ごとの延長だ」と言われ続け、実際、私がバレエの仕事をしていたころから(まだ、新国立ができる前)、「なかなか変わらない」と思われていたと思う。

 それが…何だかんだ言いながら、チケット完売だもん。

 それに、演出家としての能力にも驚きました。最近はあまり観てないけど、普段あまりやらない演目の『海賊』とか、あと『くるみ』も観に行きました。どの演目かは忘れたけど、演出するにあたり、当時の楽譜から分析したとか。

 そのうえ、学校でしょ? 日本のバレエ界で今までできなかったことを、国立じゃなく、個人で(スポンサーはいると思うけど。スポンサーが付くのもまた能力)やっちゃった。

 対談は、かなり「丁々発止」とした緊迫感があって面白かったです。

 熊川君は、「インタビュアーが松岡修造だから、受けた」と言ってました。

 熊川哲也と松岡修造は、いろんな意味で正反対だ、と松岡は分析します。

 「熊川は天才。自分は才能が無いと言われ続けてきた」と。
 
 それも知らなかったな~。

 確かに天才タイプ=長島タイプは、人に教えられないよね。

 熊川君は、「靭帯を切ったことで、違うものが見えた」と言います。

 それまで考えなくてできたことが、できなくなった。筋肉の付き方も変わってしまった。
それがあるから、今、教え方が少し見えてきた、と。

 でも、その事故があってから、人間的に丸くならないところが、熊川君のいいところだろう。「弱気になったら、蜂の巣に入るようなもの。常にアゲインストに立ち向かう」って。

 やっぱり、カッコいいわ。

 最後に色紙に書いた言葉は「Do it!」

  最近、バレエは観なくなってたけど、熊川バレエ、観たくなりました。

☆甘酒、出来上がりました~。お粥を作り、60℃に冷まして麹を入れ、炊飯器の「保温」にして蓋はせずにふきんを被せて温度調整。ときどきかき混ぜて8~10時間。もうすぐ8時間経つので良しとします。「火入れ」と言って、一度沸騰直前まで温度を上げるとさらに甘くなり、日持ちもするそうです。
つきっきりでもいられず、一時70℃近くになってしまいあせりましたが(高温だと菌
が死んでしまう)。何とか甘くなって美味しい! ちょっと手間ですが、できれば常備
したいと思います。
[PR]
by a-takechan | 2014-02-08 23:34 | その他 | Comments(0)

雪組公演 Shall we dance?

宝塚ネタが多すぎてもな~、と思って控えていましたが…。

 宝塚に限らず、舞台を観た感想って、人によって微妙に違うところが面白い。
周りにいる宝塚ファンの皆さんとも、いろんな意見があるので、公演後はメールでワイワイと感想述べ合っています。
 まあ、メールだからよけいに好き勝手(笑)。
 
 最近は、「書いとかないと忘れる」というのもあるので、やっぱり書きます。
 雪組の『Shall we dance?』

 元の映画の大ファンってこともあって、またまた事前に期待してませんでした。
だって、中年のくたびれたサラリーマンのおじさん? 宝塚で?と思うじゃないですか?

 どうしたって、竹中直人や渡辺えりが頭をよぎりそうで。

 でもね~、私は好きだったな。 良かった!

 まず、実を言うと、壮(一帆)さんは花組時代から見てたし応援してるけど、雪組の人たちそんなに知らなかったのです。(いや、他の組もまだまだ知っているとは言えませんが)

 それがね~、2番手3番手ぐらいの人たちが、のきなみカッコイイ!(相変わらず名前がわからない)。 これから、雪組見なくちゃ! というのが素直な感想。

 あと、地味なんだけど、やっぱり壮さん、カッコ良かった。草刈民代の役を(スミマセン、役名覚えてない)、娘役じゃなくて、男役2番手の早霧せいながやるというので、ああ、娘役はしょせん脇役なのかな~、と思ってたんですが、愛加あゆ演じる妻も、結構重要な役だと思いました。

 まあ、美味しい役ではあるけど、竹中直人役の夢乃聖夏、ホントに良かったです。笑った~。どうしてもスタイル良くてダンスがうまいのが丸わかりなんで、逆にダンスで苦労したかな~、とは思いましたが。

 あとは何と言っても美涼亜希。そりゃ、前からカッコイイのは知ってましたが、彼女が舞台に登場するだけで、空気が変わります。
 ムラの大劇場ではケガで休演だったんですよね。
 一緒に行ったEちゃんは、ムラ公演も観てたので、「やっぱり違う」と言ってました。そんなに出番は多く無いんだけど、中心になって演技してない、端っこで審査員なんかやってるときでさえ、オペラグラスで追っかけちゃう(笑)

 そう、その劇中で男役の群舞があったんだけど、よかったな~。
 大恋愛もラブシーンも無くて、逆に演出難しかったと思うのですが、しみじみと良かったと思います。 
 早霧さん、女性の姿に違和感無さ過ぎて、男役としてのファンの皆さんの気持ち的にはどうなのかな?と思いましたが。

 後半のショー、芝居で壮さんが抑えていた分、弾けた舞台だった気がします。
私、やっぱりショーが見たいんだわ、と改めて思いました。 まだまだ芝居は、物によっては苦手(風と共に去りぬとか? って、実名出してるし=せりふが古くて恥ずかしい)

 そうなのよ~、ショーは特に、1回観ただけじゃ消化し切れないので、ぜひ2回観たかった。もちろんチケットは完売で無理でしたが。

 理想としては、1回は良い席、近い席で観て、もう一回はB席で舞台全体を観たいですよね。今回はS席2階で、席としては良かったのですが、客席降りを見られなかったのは残念。

 次の星組、私はもちろん2回観ますが、その次の花組は蘭寿さんの引退公演ということで、S席2回と奮発します!

 Eちゃんママは、蘭寿さん引退までとにかく「全部参加」で突っ走るようです。 ディナーショー、お茶会、そして出待ちの「会服」を買い、フェアウェルパーティーまで。当然最終日はホテルを予約しています(帝国ホテル)。

 何となく私まで気持ちがハイになってしまい、阪急ツアーの「お楽しみ袋付き」とかいう貸切公演のチケットを申し込んでしまいました。高いのにね。でも、楽しみです。
 楽の日、フェアウェルに参加できるのは、会員のEちゃんママだけなので、私はEちゃんに付き合って、後ろの方で出待ちに参加し(ただ単に、雰囲気を味わいたいだけの野次馬)、フェアウェルの時間帯は2人で飲もうということになりました。
 私も、単に付き合いってだけでなく、蘭寿さんは人柄といい舞台といい、素敵だと思ってるし。どちらかというと、舞台での男っぽいところより、素顔の物静かで穏やかなまゆさんが好きなんですけどね。結構天然っぽいし(スマスマで、タンバリン芸やった天真さん見て、ホントに心から笑ってましたよね~)。

 というわけで、またダラダラ書きました。
[PR]
by a-takechan | 2014-02-08 17:16 | 宝塚 | Comments(0)

頑張れ! 日本人ダンサー

 今日は大雪のため、レッスンがお休みに…。今日はやる気満々だったのに残念。
だいたい、何で週末に?と思うけど、この天気が通勤日だったら、それはそれで大変だったな~。

 ソチオリンピック開会式の再放送などを見ながらストレッチ。五輪が四輪にとか、ハプニングもあったみたいですが、私は好きでしたね~。幻想的で美しかった。やっぱりロシアって感じ。
 久しぶりにまた白鳥やらくるみやら、チャイコフスキーのバレエ、観たくなりました。

 バレエと言えば、今年もまたローザンヌで日本人頑張りましたね。
最近、ヨーロッパの人たちはあまり出ないとか何とか言われてるけど、このコンクールで海外の学校に留学できるのは魅力。
http://www.swissinfo.ch/jpn/detail/content.html?cid=34224698&WT.mc_id=jpn_yahoo_prixlausanne

 ニュースの映像しか見てませんが、この優勝した二山君の身体能力すごいね! 関節柔らかい! 男の子で二重関節? ジャンプもやわらかいし、普段はふつうっぽいけど、舞台では王子様オーラだね。

 それに、NHKでミニドキュメンタリーみたいなの見ちゃって。
 お父様が脳梗塞で倒れて、自営の会社が続けなくなり、バレエも続けられるかどうかわからなくなった話とか…。家族の協力で乗り切ったとか。
 信号待ちでアラベスクしちゃうほど、バレエが大好きなんだって! 

 そういう子を応援したいじゃない!

 頑張れ二山くん! 頑張れ! 日本人ダンサー!

 バレエとは無縁の話題ですが、今、「発酵」がマイブーム。 麹を取り寄せて、塩麹、醤油麹を作っています。
 で、酒粕から作る甘酒は好きじゃないんだけど、麹から作る甘酒、美味しいのよね~。

 こんなに家から出ない日はめったにないので作ることにしました。

 お粥を作って、60℃に冷まして、麹と混ぜて10時間だって。
 できたら、また報告します。
[PR]
by a-takechan | 2014-02-08 15:00 | その他 | Comments(0)