<   2015年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

北翔さん お祝い会やりました

 このブログでも、何度も書いていますが、友人の会社関係の先輩という人が、「北翔海莉さん」のファンクラブに入っていると聞き、『メリーウィドウ』のチケット取っていただいたり、ファンクラブの入り方を教わったり、みっちゃんの写真や絵ハガキなどをたくさんいただいたこともありました。
 私は、案外「宝塚の法則」のようなものを知らないもので、「パソカレ、スタカレにみっちゃんが出る!」という暗号のようなメールをいただいたときには、事の重大さもわからず…でした。

 その後も、いろんなことを教わりつつ、ことあるごとに、メールさせてもらったり、「密談」させてもらったり(笑)

 普段はお互い忙しく、なかなかお会いできないんですが、またメールでやりとりをしていたときに、「うちにいらっしゃいませんか? みっちゃんのお祝いしましょう」というお誘いをいただきました!

 「行きます、行きます~!」

 まあ、2人でみっちゃんについて語り合ってもよかったのですが、蘭寿ファンのEちゃん(最近はだいもんがお気に入り。ちぎちゃんも好きらしい)と一緒におじゃますることになりました。 宝塚に興味の無い友人Y子も誘ったのですが、やっぱり不参加。

 まあ、どうしても宝塚話無しってわけにもいきませんからね~。 会った途端に飛ばし気味。
 先輩がお昼を用意してくださるというので、私たちはそれぞれ手土産を買い、赤いスパークリングワインを購入。お祝いですから。 私はどうしても、ケーキを買いたかったのです。 それも、「おめでとう」と入れてほしくて、店でお願いしました。 

休日、美味しいお食事、ワインを飲みながら、宝塚話! 最高ですね。

 以前から、「どんなみっちゃんが好きか」については、いろいろと聞いていたのですが、それを、映像つきで紹介してもらいました。 特に、「おじさま」、「ひげ」が好きだそうです。  あと、黒いみっちゃんがいいと! それは同感!

 うん、トラファルガーのウィリアム卿はわかる。
 でも、カサブランカのルノー大佐は…気づかなかったな~。
 
 微妙に萌えポイントが違いますね(笑)。 

 それから、相手役のふうちゃんが素晴らしかったからと、真風さん主演の『陽の当たる方へ』を見ました。ジキルとハイドをやったやつですね? 当時、話題になってましたね。

 いや~、ふうちゃんもすごかったですが、私は真風さんにびっくりしました! まるで、何かに憑りつかれたかのような…演技がすごかったです!
 本公演で観ていて、歌もダンスも もうちょっと頑張って! という印象だったんですが。どうしたの?キムシン先生の力?
 まあ、重いテーマなんですが、劇場もしーんと静まり返ってる感じ。
 確かに、このころから、真風さん、雰囲気変わったというか、(好みは別として) カッコイイーって感じになってきましたね。
 私たち、別チーム、レオン2のコンサートでキャーキャー言ってたころですね。
 こりゃ、宙組も観なきゃ、と思いました。

 ふうちゃん、とてもよかったです。 
うん、改めて、みっちゃんの相手役がふうちゃんで、良かった~。

 そして、先輩は、「みっちゃんが星へ行くこと、何の心配もしていない」って! 心強いお言葉!
何だか、私もその言葉を聞き、ぐっと安心しました。

 「ガイズより、ショー付きの作品が観たい」って。それも同感。

 もちろん、『大海賊』は初日に駆けつけるそう。 そうだよね~…。ああ、私は仕事休めないと、つい土日だけにしてしまいました。 ああ~、どんな言い訳をしても、会社を休むべきだった~。

 またもや、意識だけ、神奈川県民ホールに飛ばします!

☆Eちゃん的には、みっちゃんファン2人の会話を聞き、たまに冷静になって、「そうかな~」と思うこともあったらしい。ま、いいのよ、それで。

 
e0086874_1933146.jpg

 
[PR]
by a-takechan | 2015-05-25 19:03 | 宝塚 | Comments(4)

北翔さん過去の映像 スカイステージ 花組『オーシャンズ11』

 もう、ずいぶんみっちゃんに会っていません(泣)。もうすぐ、もうすぐ会えますね~。
スカイステージで録画したみっちゃん出演の舞台もなかなか見られなかったのですが、オーシャンズ、夜中にやっていたので、見ました。

 これは舞台を生で観て、その後DVDも見たのですが、
http://atakechan.exblog.jp/21940635/

 今回の映像は、千秋楽のものですね。ジョンソン先生の尺が長くなって、その部分は話題になり、動画サイトでも見ました(笑)
 みっちゃんが、「一番好きなのは、トム・ランジュ」って言うところが可愛かった。
 みっちゃん、蘭寿さんのこと、大好きだよね~。

 これも以前書きましたけど、このオーシャンズ(舞台)を見る少し前に、友人の先輩が「北翔海莉さん」のファンだと聞き、「何て読むの?」とか言ってたんでした。
 たった2年前のことだったんですね? 
 そのときは、自分がこんなになっちゃうとは思わなかったな~。
 ホント、人生、いつどうなるかわからないものです。

 DVDを見たときも、感慨深い思いにとらわれましたが、今、次郎吉の舞台を観たあと改めてこの作品を見ると、本当にまた、違った思いがこみ上げてきます。

 蘭寿さんの最後の挨拶を聞いて、また涙。

 蘭寿さんとみっちゃんの、信頼関係と、強い絆を感じました。

 ☆雑誌『横濱』に、望海さんが、林市長と対談しているという話は聞いていましたが、やっと買いました。
 だいもん、濱っ子だもんね。
 林市長が、5歳のころから宝塚を観ている、ファンだと聞いて、嬉しくなりました。 
 林市長、以前から、すごいな~と思っていましたし、すごく「デキる」人なのに、柔らかな物腰と、品の良さ、優しさを感じて素敵な人だとファンでした。

 ますますファンになりました!
 
 そっか~、みっちゃんTVK出演とか、新横浜でのイベントとか、宝塚を応援してくれていると感じてましたが、市長の思いもあるのかな? 
 宝塚に限らず、横浜はダンスも盛ん。 
 
 みっちゃんの地方公演、横浜からスタートでしょ! 楽しみにしてま~す!

 みっちゃん、毎日頑張ってお稽古してるんでしょうか? 頑張りすぎて倒れないでほしい。

 みっちゃんが元気でいてくれれば、それでいいから!(だんだん、親戚のおばさんのような気持ち)
[PR]
by a-takechan | 2015-05-23 11:52 | 宝塚 | Comments(0)

美輪さまの黒蜥蜴

 以前、美輪さまがN○Kの情報番組に登場した際に、「黒蜥蜴は、今回で最後にする」というようなことをおっしゃっていました。
 美輪さまの舞台は一度観たいと思いつつ、気づくとチケット取りが間に合わなくなっていたりしたのですが、今回は、そのテレビを見てすぐにイープラスのチケット抽選にエントリー。横浜公演を観に行ってきました。

 その感想を書く前に、今日(月曜日)の最終公演の朝、美輪さまの声が突然出なくなり、公演延期が発表されました。
 ご高齢ですから心配です。

 昨日は、そんな年齢を感じさせない、本当にパワフルな舞台を見せていただきました!
後光が差すというか、オーラが半端無かったです。

 原作が江戸川乱歩、脚本が三島由紀夫で、1962年初演ということですから、せりふは美しいけれど、今の時代から見るとクラシックというかレトロ。むしろ、その雰囲気を出した方が良いと思ったんですが、現代の設定なんですね?

 まあ、そんなことはどうでも良くなってしまうほどの、美輪ワールドでした。

 黒蜥蜴、宝塚でも扱っているので、映像ですが、以前観たことがありました。でも、宝塚とはかなり違うというか、まあ、美輪さんの世界は、もっと耽美的でえぐいというか、乱歩の「エロ・グロ・ナンセンス」を前面に押し出してました。

 美輪さま、主演だけでなく、演出・舞台・衣装も全部ですからね~。

 とにかく、ほとんど出づっぱり、そしてあの長台詞を喋るだけでも、そして覚えるだけでもすごいことです! 多分、美輪さまは、そんな感心のされかたはしたくないでしょうけど。
 
 衣装がまた豪華! 早変わりを含め、時には男装したり、掃除婦に化けたり…。振袖も着ちゃう。
 レトロモダンなお着物も素敵!
 江戸川乱歩の時代って、アールデコが似合うというか。 

 舞台美術もシンプルだけど、バンバン場面転換していて、ドタンバタンとか、音もしないの。スタッフさんたちも、もうベテランって感じ?

 明智小五郎役、雨宮役は、朝ドラ、『花子とアン』に登場した2人でした。

 テレビで見たときは、明智役の木村彰吾さん、それほど…と思っていたのですが、舞台栄えするというか、声もいいし、背も高くて、良かったと思います。
 
 雨宮役の中島歩さん、テレビではイケメンに見えたけど、…演技力が…。舞台でオーラが足りなかったし。
 
 まあ、美輪さまの舞台、ですから、いいんだろうな。

 観客は、何となく、「美輪さま信者」の方が多い気がしました。または、昔から観て来た人たち?

 途中、ちょこちょこ面白いシーンがあるのに、クスクス笑っているのは私たちぐらいで、皆さん、あんまり笑ってませんでしたね。急に、歌舞伎っぽくなっちゃったり、不思議なダンスのような振りがあったり。

 台詞は美しいのですが、いかにも三島っぽくて…。もう一度ゆっくり味わってみたいです。

 私たち、あまり予備知識無く行ったんですが、何と、休憩入れて、3時間半ぐらいの長丁場。観ているだけでもエネルギー消耗しましたから、美輪さん、本当にすごいです。

 緑川夫人の明智に対する、愛、明智が死んだと思って、思わず心情を吐露してしまうシーンはぐっと来ました。
 
 最後、カーテンコールのあの美輪さまは、本当に後光が差していましたね。
優雅で気品があって、艶っぽいです。すごいわ!

 でも、実は魂をかけて舞台に立っていらしたんですね。

 本当に、観られて良かったと思います。

 そうそう、横浜芸術劇場、初めて行ったんですが、いい劇場ですね~。とても観やすい。
県民ホールの隣なんですね。昔は無かった劇場。

中華街や元町からも近いので、友人たちは、旅行気分で楽しんでいました。
 久しぶりに萬珍楼に行って。 安定の美味しさでした~。雰囲気もいいし、良かったです!
 舞台好きの友人たちですから、舞台談義に花が咲きました。
 
 お母様が宝塚ファンだったという人に、すかさずみっちゃんを宣伝。

 ちょっと興味持ってくれたような気がします。 
[PR]
by a-takechan | 2015-05-19 01:04 | 舞台作品 | Comments(0)

体は正直^_^

連休開けでボケボケなのに、いきなり朝早い仕事が続き、気圧の変化や気温の変化に体がついていかなくなってました。

まあ、ほかにもいろいろあって体調崩し、今週、平日のレッスンはお休みしました。
何か、体が弱ると考えもネガティブになって、負のスパイラル(-_-)

また、レッスン休んじゃおうかなー、という考えもよぎりましたが、振替で、1レッスン目の基礎クラスに出ました。

これが良かった!

もともと、じっくりとストレッチやら体をほぐすことや、基礎的なことが中心のクラス。
いや、むしろ体はきつかったりするんですけどね。

レッスンの初めに、リンパを流したり、肩甲骨を回したり、首のコリを取ったりしました。
だいたい2人一組でやるんですが、私は1人余ったので、Mちゃん先生にほぐしてもらいました。

あー、極楽極楽!
Mちゃん先生、上手!って、整体じゃないんだから。(-_^)
先生にも、「A子、寝ないでね」言われたほど。

このクラスは人数も少なくて、体と向き合うのにとても良いです。

気の流れが良くなり、体の詰まりが取れました。

すると、あーら不思議!
頭もスッキリ!目もパッチリ!
気持ちもポジティブに。
まだ、鼻はズルズルしてましたけど、デトックス?

うん、これだからバレエはやめられない!(単純)

今日、内転筋も感じられたし!

あれこれくよくよしていたことも、まあ、考え過ぎても仕方無いし!と思えましたし。

体と心って直結してますよね。
逆に言えば、ポジティブな考えでいれば、元気でいられるのかな?

でも、思うんですけど、気持ちがダウンしたときは、とことんダウンした方がいいですね。あとは浮上するだけだから。
無理に明るくしたりしてると、見ていても痛いでしょ?

まあ、私の場合、感情が表に出過ぎって言われてますけどね。
[PR]
by a-takechan | 2015-05-17 00:03 | 健康 | Comments(2)

北翔号の船出

日付が変わり、いよいよ、みっちゃんが星組トップ就任です。

一年前の今日、私は、蘭寿さんの最後をひと目見たいと、日比谷に駆けつけました。
宝塚ファン歴が浅いので、まだ、「退団」というこのシステムに慣れなくて。
 友人親子が蘭寿ファンで、お母様は、白装束に身を包み、突っ走っておられました。 とても不思議で、でも日比谷界隈が特別な雰囲気に溢れていました。

 今年は、柚希さんのラストデイに、なぜか出歩く気がせず、日比谷へも行かず、静かに思いを馳せていました。いろいろと考えると、涙が止まらなくなりました。

 みっちゃんトップはとても嬉しいけれど、柚希さん退団は寂しい。

 私は星組がきっかけで宝塚を好きになったので、ちえさんに対する思いも強いです。

 一方で、これから大変だろうということも覚悟しています。

 以前の星組のファンだった方は、新しいトップであるみっちゃんを受け入れてくれるだろうか?

 いわゆる「落下傘」という人事で、みっちゃんは所属したことの無い、星組に行くことになりました。

 星ファンの人に、また、星の組子の皆さんに、受け入れていただけたら嬉しいです(どういう立ち位置?)

 みっちゃんは、今までも、私たちの予想をはるかに超えて、新しいステージに立ってますよね。

 私たちファンは、そんなみっちゃんについていくだけなんですが、どんな嵐が吹き荒れようと、一度出航した北翔号に、乗ったのですから、微力ながらも これからもみっちゃんを応援し続けたいと思います。

 いや、そんなたいそうなことじゃなくて、今までどおり、キャーキャー言いたい!
でも、みっちゃんに何かあったら、全力で守ってあげたい!(どうやって?)

 夜中に書いた文章ですから、明日また修正するかもしれませんが(苦笑)→朝から、もっとわけのわかんないことを書き足してしまいました…(汗)

 今の素直な気持ちです。

 みっちゃんファンの皆さん、これからもよろしくお願いします!
[PR]
by a-takechan | 2015-05-11 02:12 | 宝塚 | Comments(6)

オトナリーナバレエコンクール2015 ~大人だけのバレエコンクール~ 

 最近は、大人からバレエを始めた人たちを、「オトナリーナ」って言うんですか?
こんなコンクールがあるんですね? 今年初めて開催だそうです。
http://www.otonari-na.com/

 M代さんが出場するというので、Tちゃん、Nちゃんと一緒に観に行きました。
M代さんの発表会のときもそうなんですが、プロの舞台とはまた違う、感動があるんですよ!
 一般的なコンクールと違って、受賞内容は、大賞でもギフト商品券3万円だったりしますし、参加規定は「大人から本格的にバレエを始めた人」というざっくりしたものみたいですが、問題はそんなことじゃないんですよね。

 参加者は26人、観客もおそらく「ほぼ関係者」かな?と思いましたが、私としては、「ああ、大人バレエもここまで来たんだな~」と、感慨深いものがありました。

 今でこそ、バレエに限らず様々な趣味を、大人から始めるのは当たり前のようですが、私がバレエを始めたころは、まだまだ、「バレエは子供から始めるもの」というイメージが強く、大人から習い始める人を受け入れるスタジオも少なかったと思います。受け入れていても、子供がメインで、「大人はご自由に」という感じだったり。

 今回、まあ、参加者の年齢や、習っている年数などはバラバラで、まだ20代かな~という方から、かなりご年配の方まで。そりゃ、皆さんご自分でエントリーなさるわけですから、かなり「できる」方ばかり。(M代さんのスタジオからは5人がエントリー)

…でも、しみじみといいな~と思ったのは、何よりも、踊る喜びに満ち溢れていたんですよね。
 それに、ああ、先生の教えを、真面目にコツコツと続けていらっしゃるんだろうな~、ということもよく分かって、何だかうるっときそうになりました。
 
 それこそ、踊りって、その方の人柄とか、あと先生の教え方、とかも出ますよね。

大人から始めたとは思えないほど、「主役踊ってます」といったレベルが高い方の踊りよりも、ちょっと足元がぐらついていても、ポールドブラだったり、背中の使い方だったり、体の引き上げを一生懸命やっていらっしゃる方の方に、私は「いいなあ」と思ってしまいました。
 それから面白かったのが「場当たり」。まあ、本番前の練習みたいな感じで、思い思いに練習をするわけですが、それを公開でやっちゃうところがスゴイ!

 うん…、出演者の方たちも、これを食い入るように観ている人たち(私たちのことです)がいるとは思っていなかっただろうな。ある意味、本番より面白かったです。

 M代さん、場当たりのときは、少し緊張してるかな?と思いましたが、本番は落ち着いていたと思います。
 何よりも、白いチュチュも髪飾りも似合う! ちゃんと可愛かったよ! 

 全く知らない人の踊りも、とっても面白くて、全く飽きませんでした。

 私たちは、最後の授賞式まで観たのですが、審査員の先生のお言葉にも胸打たれました。
オトナリーナの皆さんのエネルギーは、ものすごいものがあり、プロで、素晴らしいキャリアを持つ先生方にも、初心を思い出させてくれる、といったコメントでした。

 何よりも、「好きだ」というエネルギーが、一番大きいものなのかもしれません。
そうなんです、オトナリーナの皆さんからは、バレエを踊れる幸せみたいなものが、キラキラと溢れていました。

 私自身、正直、「本当にバレエ、好きなのかな?」と思ったり、上達しない、と落ち込んだりすることも、いや、落ち込みすらしない日々もあるわけですが(笑)、バレエってやっぱり楽しいな、音楽にのせて踊るって楽しいな、と改めて思いました。

 コンクールの定番であるドンキや海賊、眠りやくるみ、楽しいですよね~。

 改めて、チャイコフスキーの曲好きだわ~。 チャイコフスキーって、本当に乙女だよね。もちろん、『悲愴』とか、重い曲も素敵なんですが、バレエ音楽は、キラキラのおもちゃ箱みたい。…で、これがまた、踊ると難しいんですよね。メロディとリズムの拍が違ったりするの。いけずだわ~。

 コンクール後、GWで長く休みが続いていたので久しぶりにレッスンに行ったのですが、心なしか、やる気スイッチオン!になってました。

 とはいえ、私の今の一番の「心の美容液」は、バレエ<みっちゃん かな~。
(またそこかい?)

 まあ、それとこれとは別ってことで。

 
[PR]
by a-takechan | 2015-05-10 01:43 | その他 | Comments(4)

My初日がMy楽~星組公演『黒豹の如く』『Dear DIAMOND!!』~

 柚希さんのラストということで、この公演観たかったのですが、友の会、イープラス抽選、カード会社抽選など、ことごとくはずれまくり…。平日のチケットなら譲っていただけそうだったのですが、どうしても都合がつかず、諦めかけていました。ご縁が無かったのかな~? みっちゃんがトップになる組なのに。
 それが、まあ…、みっちゃんを見たくて今年から契約したスカイステージの貸切公演、ご招待の抽選に当たってしまい。連休最後にやっと公演を観る事ができました。

 いや~、ありがたいです。友人のTちゃんも当たりました。まず、席は抽選、ということで、「2階席に来た柚希さんとハイタッチしたい」と言っていたTちゃんは、無事に2階席をゲットし、初回の私は1階席19列目センターという、観やすい席が当たりました。

 この公演を観て感じたのは、とにかく、観客も組子も、全員が柚希さんの方を向き、一丸となっているエネルギー。
 先日星組公演を観た、N子さんから、「柚希さんのオーラが半端無い」と聞いていましたが、確かに凄かったです。

 お芝居の内容は、まあ、いろいろな評判も聞いていましたが、私は楽しめました。ちょっと、「せりふが恥ずかしい」とかはありましたが(笑)、それすらモノにしてしまうという。

 紅さん、難しい役だと思いますが、とてもよかった。以前から私は、紅さんは、暗くて屈折した役の方がいいなと思ってました。でも、過去のトーク番組で(昨晩のスカステでやっていた)、ご本人もおっしゃってましたね。柚希さんにも言われてました。

 私が注目したのは、やっぱり妃海風さん。いや~、上手い! 『太陽王』のときと全く違う、黒い役でしたが、歌も芝居も良かったし、品があったし、心から、あ~、みっちゃんの相手役で嬉しい!と思いました。

 ショーは、「これぞ星組」という感じで、楽しかった! 濃いわ~。
もう、本当に、ちえさん一色という感じでしたね。藤井先生のショー、なるほど、これか!

 柚希さんだけでなく、かなり大人数が客席降りをしてくれたり、シンプルな黒燕尾の群舞とか、スカステのニュースやらナウオンやら、それこそ毎日多くの情報を入れていることもあって、芝居もショーも、かなり歌とか知ってましたね(笑)。
 この日は貸切ということもあって、お約束のアドリブも楽しかったです。

 感動したのは、最後のご挨拶。 柚希さんは、「北翔さん率いる星組をよろしくお願いします」と言ってくれました。

 まあ、北翔ファンはこれで大喜びでしたが、柚希ファンのTちゃんは、「いよいよ最後だなと思った」としみじみ。
 そうですね…。
 
 Tちゃんと一緒に、柚希さんの出待ちをしました。ファンクラブではないので、後ろの方から見ていた感じですが、素顔の柚希さんは、本当に飾らない人柄で、あの神々しいほどの男役だった人と同じ人とは思えないほど気さく。ファンを大切にし、ニコニコとお手紙を受け取り、端まで行ったらまた戻って、ファンに挨拶をするという。本当に素敵でした。

 千秋楽の日比谷は大変でしょう。
蘭寿さんの退団から、1年が経つという事ですね。 
 これが宝塚なんですよね。まだ、慣れないままです。

☆今回の公演スイーツ、売り切れ! まあ、この日のキャトルも超混雑していて、グラフは売り切れでしたし、またもや『ガイズアンドドールズ』のチラシは品切れだし。


 
 
[PR]
by a-takechan | 2015-05-07 00:36 | 宝塚 | Comments(2)

北翔さん過去の映像 2011年FNS歌謡祭

 3日に行われたみっちゃんの「親睦会」。行かれた皆さん、幸せだったみたいですね!良かったです~。

みっちゃんに会えない間、少しでも「過去のみっちゃん」について知りたくて、いろいろと過去の映像を見ているのですが、大空さんファンの方(ビデオ借りた人とはまた別の人)から、DVDをお借りしたりダビングをいただいたり、またまたいろいろな映像を見ています。 そちらの感想も少しずつ書いていきます。…というか、見切れない!

 それと同時に、スカイステージを見るのもやめられず…。 連休中、テキパキといろんなことをする予定だったのですが、なかなか進みません(汗)
 
 中でも印象に残ったのは、アキラ(瀬戸かずや)さんのインタビュー。

 あれだけカッコイイし、男っぽいし、人気あるし…と思っていたのですが、下級生のころは結構苦労していたようですね。 『次郎吉』で金さんをやったことが大きかった…。と。 マギーさんもそうでしたが、みっちゃんと共演したことで、きっと大きな何かをつかんだんだろうな~。 お誕生日にみっちゃんから扇をプレゼントされたとか。 
みっちゃんとの共演が、ターニングポイントになるかもしれませんね。

 あと、ついさっき見たばかりの、高汐巴さんのインタビューも心に沁みました。
私は、望海さんのブリリアントドリームネクストに出演されているのを見て、初めて知ったというくらい、現役時代を存じ上げ無いのですが、とても素敵な方ですね。 
 今もお綺麗。 もちろん美しい方ですが、内面から出る美しさもあるかな~。
 ご自分がトップになったばかりのことを振り返り、組のトップとして、先輩として、どうあるべきかという話、なったばかりのつらかった時代、そして、退団後の話、何だかじーんときてしまって。
 
 思いのまま、つらつら書きましたが、今日は2011年のFNS歌謡祭の写真を載せます!(笑)

 これも、以前一度見たのですが、今、また見てみると思いも違いますね。

 前回のブログで、宙時代は、もったいない使われ方をしちゃっていたのではないかというようなことを書いたのですが、この映像では、キラキラみっちゃんですね! 
 でも、このころは専科に異動すること、分かっていたんですよね?

 みっちゃんはもちろんですが、やっぱり宙組 カッコイイ~。

 まだ、このころはまさこさんも、春風さんも、組替え前ですね。 スッシーさんも素敵だし。ほとんど全員名前が分かる(笑)

 例によって、画面の写真を撮るのが下手なのですが、何枚か載せますね。
 
 みっちゃん、歌はもちろん、ダンスもキレキレ! 素敵~。

e0086874_033408.jpg

                e0086874_034499.jpg
 
 
e0086874_035577.jpg


☆これ書きながら、野々すみ花ちゃんの退団前のインタビュー、「微笑みをあなたに」を見ていたんですが、う、また泣きそう。
 すみ花ちゃん、好きだ~!
[PR]
by a-takechan | 2015-05-06 00:38 | 宝塚 | Comments(4)

北翔さん 過去の映像 『華やかなりし日々』

 この作品は、大空さん退団公演。 みっちゃんファンクラブの先輩から、この頃の話はいろいろと聞いていて、ファンはかなりつらかった時期ですね。
 私は、大空ファンの人からスカイステージで放映された録画を借りたので、ショーは無くて芝居だけ。
ちょっとこれからでかけるので(笑=それなら後で書けばいいのに)、とりあえず今の気持ちを書きます。

 また、今夜にでも続きを書きます。

 『美しき生涯』もそうですが、やっぱり、平常心で見られないというのは正直なところです。 みっちゃん一人の問題というより、ああ、この後、「宙組解体」だな~と思ってしまいます。

 改めて、私はこの時代の宙組好きだわ~と思いました(当時、生で観てたときは、何とも思ってなかったくせに)

 作品に対するコメントの前に、まあ、結果論としては、みっちゃん、専科に異動してよかったですよね。

 そりゃ~、みっちゃんの思いは…(今更もう書きません)。千秋楽でのコメントも有名になっちゃいましたし。

 ファンだって大変だったと思います。 

 でも、宙時代のみっちゃん、月時代とは違って、路線から微妙にずれてきている気がしたし、『誰がために鐘がなる』にしても、もったいない使われ方でしょ。

 それで、大空さん退団後、宙に残ったとしたら、割と早くやめちゃったのではないかという気もしました。

 うわ~、何だか重い話になっちゃいそうなのでやめときます。

 みっちゃんの専科時代に注目した、私から見ると、確かに、みっちゃんの中で、専科時代に何かが変わったんじゃないですか?

 いや、技術の問題じゃなくて、意識の問題。

 この、『華やかなりし日々』のニックって、大空さんの弟分みたいな役なんですが、何となく出番少ないですよね? まあ、彼女にあげたネックレスから足がつくっていう重要なファクターはあるんだけど(だいたい、まがい物を上げるなよ。そして、彼女も質屋に流すなよ…)

 大空さんとのやりとりが、もっとあればよかったな~と。

 あとなんですか! 著作権の問題? DVDでは歌をカットって…。大空ファンは許せないだろうな。

 そんなあれこれはありますが…。

 当時の宙好きとしては、悠未さんと蓮見さんのやりとりとか、サイコー。 やっぱりこの2人好きだったな。

 大ちゃんのギャングもいい味出してますね。 (雪に行ってから目立たないな~)

 すみ花ちゃん、好きです! 素敵でした。

 でも、そうね~、最後はいいの? あれで? 

 大空さんはいいと思うんだけど、すみ花ちゃんもラストだよね。

 物語的には、彼女の成功を見届け、迷惑をかけないように、一人去っていくってことなんでしょうか?

 
[PR]
by a-takechan | 2015-05-02 13:43 | 宝塚 | Comments(4)