<   2015年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

舞台感想十人十色

星組、大劇場公演、無事に千秋楽を迎えられて何よりでした。1人の休演者も無く、ケガ人も無く、本当に良かったです!

おめでとうございます!

みっちゃんの挨拶でちょっと言い間違いがあったとTwitterで情報飛び交ってましたが、スカイステージのニュースでは、分かりませんでした。

可愛い、照れ笑いみっちゃんが見られるかと期待しましたが(^^;;(そんな深刻なミスじゃないし、ちゃんと立て直したみたいだし)

真面目な顔のみっちゃんを見て、茶化してはならないというか、笑ってはいけない感じ。(反省)

それだけ重圧も大きくて、それを乗り越えて来たってことですよね。
舞台上では堂々としてたけど、やっぱりいろんな思いはあったでしょう。

それを思うとまた泣ける。

…で、私にとっては「みっちゃん最高!」だし、「ガイズアンドドールズ」は素晴らしい作品だけど、みんながみんなそういう感想を持つわけじゃないですよね。

私はそれでいいと思ってます。

実際、友人たちと一緒に舞台を観ると、感想は人それぞれ違うわけですし。

逆にみんな一緒だったら、おかしい…。

自分自身の中でも、初見のときと、2度目とでは違った印象を持ちますし、細かいところが分かってくるとまた思うところもあります。

『メリーウィドウ』もそうでした。

生で観たときは、とにかく、舞台が楽しくて楽しくて、カンカンスゴイし、笑えるし、やんややんやの大拍手と手拍子で…。

でも、先日またスカイステージで映像を見てみると、みっちゃんのせつない表情に泣けました。
みっちゃんダニロ、強がってるんだけど、ハンナのことがまだ好きなんだよね~。

千秋楽のスカイの映像見ても、やっぱりみっちゃんのせつない表情がステキ!(これまた、ツイッターでキャーキャー)

あと、印象が変わったといえば、「ナポレオン」。
生で観たとき、いろいろと言いましたけど(苦笑)、スカイステージで改めて見てみたら、結構曲もいいし、何だか感動してしまいました。

紅マルモン、いいよね。

以前から思っていたのは、紅さんは、お笑いに走らない方がいいってことです。

役作りとか解釈とかいいと思うので、ぜひ頑張ってください!

ガイズ、ちょっとアドリブに走り始めているという話を小耳にはさんで、少しばかり心配しました。
いえ、ネイサン、すごくいいし、大好きですよ~!

まさこさんのビッグジュールもね。
「立ってるだけで笑いを取れる」から面白いんです。

いろいろとやりすぎないで~。お願いします。
[PR]
by a-takechan | 2015-09-30 13:15 | 宝塚 | Comments(3)

SuperGift(スーパーギフト)~宝塚OG公演~

 梅田芸術劇場10周年記念の、この公演、国際フォーラムに行ってきました。
http://www.umegei.com/supergift/

 私は、OGとか、もちろんよく知らないわけですが…。OG公演、初めてかと思いきや、昔、汀夏子ファンの友人に連れられて、『狸御殿』を観てましたね。
 しかも、それが初宝塚…? 

 宝塚を知らなくても、とっても楽しかったです。「行こうよ~行こうよ~」だっけ? しばらく歌ってました(笑)

 友人に付き合って、出待ちまでしてしまい…。

 汀さん、ファンを大切にする、素敵な方で。 汀さんの前で乙女になってしまう、友人にもびっくり! その○○年後に、自分もそうなるだなんて、予想だにせず…。

 よく、「宝塚の男役が好きだから、OGは観ない」という話を聞いていたので、そうなのか~と思っていたのですが、

いやいや~、楽しかったです!

おそらく退団して数十年経っていらっしゃる方もいるわけですが、年齢を感じさせず、キラキラでカッコよかったです!

 むしろ、映像でしか観たことがなかった、杜けあきさんとかを間近に拝見して、もう、素敵~!
『忠臣蔵』泣きましたから。

剣幸さん、お名前しか知らないぐらいだったのですが、あの、『川霧の橋』やった方なんですよね!
ツイッターでファンの方から、いろいろとお聞きしていたのと、スカステニュースのタイムマシンのコーナーで、みっちゃんが、「もう、どこへも行くな!」というセリフを言ってから、とても気になっていたので、そのセリフと場面を、本家本元の2人組で聞けたときは、鳥肌が立ちました。キャー!

娘役さんのこだま愛さん、初日は、感極まって涙してしまったそうです。

おそらく、当時に戻っちゃうんでしょうね。

OG、わかんないし~、と思っていたのに、流れる曲や場面は、知っているものばかり(笑)
スカイステージさまのおかげです。あと、コンサートや、CDで流れていたり。

自分にびっくりでした。

それにしても豪華メンバー。

姿月さんとか、いったいおいくつなんでしょう? スタイル抜群でカッコよかったし。

この日のゲストは、一路真輝さんと和央ようかさん。和央さんは、退団公演観て、わ~!と思い、退団後もちょこちょこ観てました。『ドラキュラ』とか。

男役として、マジでキャー! と思ったのは湖月さんですね。

この日、席が前から11列目のセンターだったので、オペラグラスがいらない距離。

目が合った~と思いましたもん。

安寿ミラさんは、ヤンミキ時代の映像とか観てましたけど、やっぱり素敵。実は、最後のトークが最高でした!ツンデレ!

娘役さんは、全く知らなかったのですが、
本当に、何というか、男役とはまた違う、カワイイ感じ。 それこそ、退団して…○○年、結構なお年のはずなのですが(そういうこと考えちゃ、いけないんでしょうね)

大先輩方は、「初めて観る人」としての感想ですけど、私はむしろ、ダンサーや歌手として脇を固めていた下級生たちの中に、この間退団したばかりの音花さんや、月央さんを見つけたときかな。思わず涙が出てしまって…自分で驚きました。

ですから、当時ファンだった人たちは、もう大変だったでしょうね。

客席の平均年齢は高い感じ(笑)

もちろん、同じスタジオの宝塚ファン、N子さんは、もう、大感激だったようで、後からメールしたら、
「OG公演で一番よかった」って。

一緒に行った、同じスタジオのM子さんは、宝塚のことを全く知らないのですが、
「面白かった~」と言ってましたよ。

私、改めて思ったのは、こう、何ですか、昔の宝塚好きかも…ということです。

すごいメンバーということもありますけど、それぞれの皆さんのオーラが半端ない!

時代とともに、劇団も変わっていくのは仕方が無いのかもしれませんが、そういった宝塚のよさは、これからも残してほしいと思いました。

だいたいわかる、と思いながらも、一応、と思ってプログラムを買ったら、高い!

まあ、記念ですね。

最後のトークでもおっしゃってましたが、男役の皆さん、「男役スイッチ」が入っちゃうと変わるんだそうです。退団して何年経っても戻ると。

退団して、女優として活躍する方が多いですが、皆さん、美しい女性に変身しちゃいますもんね。

今回の公演は、逆に「男役」として見せる場面が多かったので、だからよかったのかも。

お稽古場では、「恥ずかしい!」とキャーキャーしていたようです(笑)

演出は三木先生。

生オケだし、衣装も素敵でした。

宝塚って、やっぱりいいですね!

と、『フォーエバー宝塚』を口ずさみながら、思いました。

☆同じスタジオのSちゃん、もともとこだま愛さんのファンだったとかで、久しぶりにスイッチ入っちゃったらしくて。とうとう、梅芸まで行っちゃうそうです!千秋楽の日に! 夜行バスで往復するらしい。
 あんなに宝塚について熱く語るSちゃん、初めて見たかも(笑)

 またまた今度、その感想を聞くのが楽しみです!
[PR]
by a-takechan | 2015-09-26 11:35 | 舞台作品 | Comments(10)

ガイズアンドドールズCD発売決定!

シルバーウイーク、皆様いかがお過ごしですか?

みっちゃんファンは、週末ごとにムラに集結されているようですが、特に明日はお茶会ですからね~!
今日は、「みちふうコラボ総見」なるものもあったようですし。

9月はどうしても忙しくて…今回はムラに行けませんでした。
…いや、なかなか何度も遠征は難しいですよね。

というわけで、ツイッターをにらみつつ、また魂だけムラに飛ばしております。

先ほどわたくし、花の道を歩いておりました(笑)

 『ガイズアンドドールズ』の著作権がいかに大変か、という話を聞いていましたが、何とかCDは発売されることになったようです。

http://kageki.hankyu.co.jp/news/20150918_001.html

 まずは第一歩! ですね。 みっちゃんの歌声聞ける~。

 ここからです! 何とかまた、気長に待ちましょう。

 毎日、大劇場満席になれば、DVD化できますかね~。

 幕間になると、ツイッターで、「さらに進化している!」というつぶやきが聞こえてきます。

 みっちゃん不足もはなはだしい昨今。

 過去の映像を見て喜んでいるという話をしましたが。

 実は好きな番組がこれ。

 月組時代のみっちゃんが、神戸を旅する番組です。

 よくあるやつです。

 これがね~。

 みっちゃん、可愛すぎ!

 みちこさんって、写真よりも動画、一番は生なんですけど、何と言いますか、まるで天真爛漫な子供のような可愛さで、おそらくファンはデレデレと画面に見入るという(笑)

 みちこさん、好奇心一杯で お店の人にインタビューなんかしちゃってるのですが、

 一番のお気に入りは、眼鏡職人さんの店で、いろんな眼鏡を試着しているところ。

 大きい眼鏡、小さい眼鏡、そして、いきなりカメラ目線(ドキッ)  

…生でみっちゃんに会えないからよ~。

 テレビ画面に向かって写真を撮りまくって…。 アホです。

 自動演奏のピアノで、ピアノを弾きまくるところとかね。

 今やっている、カッコイイ スカイも素敵ですが、可愛いみっちゃん好きもやめられない(笑)

 進化した、素晴らしい『ガイズアンドドールズ』、東京公演までお預けです…。

e0086874_17451525.jpg

e0086874_1746325.jpg

e0086874_17464353.jpg
[PR]
by a-takechan | 2015-09-19 17:46 | 宝塚 | Comments(8)

ほかの公演も観てます(笑)

 これはある意味、仕方が無いことなのか…?

 そろそろ、落ち着きたいところなのですが、全く落ち着く気配も無く…。

 ブログにみっちゃん以外のことを書く気がしないという…。

 星組、みっちゃんのお披露目に合わせて行ったムラでは、バウの専科公演も観てきました。これは、友の会もはずれ、これは無理かな~とあきらめていたところ、スタジオ関係の、とあるつてでギリギリに入手。

 明るいコメディの『ガイズアンドドールズ』に対して、『オイディプス』はあまりに暗いテーマだし、しかも、1日2公演はつらい、と思ったんですけどね。 「せっかくムラまで来てるんだから」という意識も働くじゃないですか。

 暗いテーマではありながら、私は以前、野村萬斎の『オイディプス』を観て、面白かったんですよね。
でも、「これを宝塚でどうやるの?」という興味もありました。

 『かもめ』も面白かったし。

 もともと小劇場好きだし。 これも、かもめと同じく小柳先生ですね。

 専科の芸達者の方たちが、丁々発止と繰り広げる演技は、ど迫力で、すごく面白かったです。

 お笑い、一切無しですけどね…。

 舞台転換とかも一切無しで、90分ぶっ通しっていうところもスゴイ。舞台美術や衣装、照明なんかも良かったです。

 ストレートプレイじゃなく、結構歌は入りました。この「コロス」をやったのが、宙組の新入生たちだったようなんですが、歌が上手い子が選ばれたのかな。良かったです。難しい歌を…。

 轟理事、特にファンというわけではないんですが、この役はビジュアル的にもぴったりでしょう!と思ってました。
 凪七瑠海さん、正直、男役として…う~んと思うところもあったのですが(ファンの方、ごめんなさい)。
いや~、オイディプスの妻であり母であるという、王妃、すごく良かった!
 娘役さんにはできない、凛とした女性。迫力ありました。
 歌も、男役のキーはいつもつらそう…と思ってましたが、女性のキーだと上手いですね。

 ベテランの専科さんに混じって、華形さん、以前から演技が素晴らしいと思ってましたが、良かったな~。

 というわけで、かなり満足でした。

 終わってどっと疲れましたけどね。

 ☆ムラから帰ってきて、翌週の平日夜に、宙組を観たんですが、こちらは…前評判を聞いて期待していましたが、どうも…。

 周りの評判もよいので、私が「ガイズ病」だということもあるんでしょう。

 一幕、寝てしまいました…。 2幕は面白かったです。

 トップ2人もすごく良い雰囲気だし、マー君の歌も良かったと思うんですが、歌でワーッと説明するような感じ、しかも、良い曲もあるんですが、宙組アンサンブルの歌がな~…。

 それに、ラダメスの生き方に、(まあ、恋に生きちゃうタイプってこと?) 何だかな~と思ってしまい(ストーリーだから仕方ないのにね)

 で、歌はひどかったのに、アムネリスさまに釘付け!(笑)

 一番、国を思ってるわ!

 あと、アイーダの兄、ウバルド役の真風さん、カッコよかったな~!
堂々2番手の貫禄でしたね。

 まあ、舞台を観るっていうのは、観客側である私の問題も、多々ありますね。

 ガイズの曲が頭の中をグルグルしちゃってたもんで、 やっぱり、音楽的にな~…とか思ってしまったわけです。

 いや、いい曲もいっぱいあるんですけどね。

 特に、最後のショー部分のアレンジとか、古~い感じがしちゃって。 ショー向きの曲じゃないしね。


 スミマセン、もう一度ちゃんと観れば、また違う感想が出るでしょう。

 マー君とみりおんちゃんの宙組には期待しています!
[PR]
by a-takechan | 2015-09-09 01:10 | 宝塚 | Comments(0)

スカイステージ 北翔海莉 トップインタビュー、そしてビルボードライブ

9月に入り、急に涼しくなったかと思えばまた蒸し暑く…。今日は大雨になりましたね。
いろいろとやらなくてはいけないことが山積みなのに、まあ、休日ぐらいはのんびりしましょう。

スカイステージで、昔のカワイイみっちゃんの映像などを探して、撮影して喜んでいたりしたのですが(アホですね~)

土曜日には、NHKで小林一三先生(つい先生呼び)のドラマがやっていました。
http://www.nhk.or.jp/dsp/keisei/ichizo/
阿部サダヲ好きってこともありますけど、脚本は『ごちそうさん』の人だったり、音楽もジャズで、すごく良かった~。
まあ、そのドラマの感想は改めて。来週後編なんですけど、宝ジェンヌも出演するんですね。

今日は、トップインタビューと、ビルボードライブ映像の初日でした!

例によって、テレビの前にスタンバるみっちゃんファン。 ツイッターでチャット状態です。

…大雨の影響で、画像が乱れているとか…

うちのは、ケーブルTVだからか、画像の乱れも無かったんですが、録画予約とかしていて、そんな画像が乱れたりしたら、困りますよ~。

でも、確かに以前、ス○パーでJリーグを見ていたときは、よく映らなくなりました。アンテナの向きとか。
メカに弱い私は、戦々恐々。

で、みっちゃんのインタビュー。 

いろんな思いを聞けてよかったです。

大劇場お披露目初日の話から、全国ツアーの話。

星組でトップになるに当たり、柚希さんに相談した話。

みっちゃん、「ちえちゃん」って言ってたけど、普段は「かねごん」って呼んでるんでしょ。

自身を振り返り、語る話を聞くうちに、確かに、みっちゃんの中では、トップになる、とかそういう意識はもしかしたら希薄だったのかもという気もしました。

苦手だった演技や、日本舞踊や、男役としての技術なども、一歩一歩手に入れて、特に大空さんの宙時代には、いろんな役に挑戦して、演じる面白さに目覚めていったんだろうな。

それと、トップになることは違いますもんね。

でも、トップになって、所属する組ができて、相手役のふうちゃんに出会って、意識が変わったのかな。ふうちゃんの話をするときのみっちゃん、本当に優しくてニコニコ。


☆そして、ビルボードライブを見て…。

映像で見ても、あの感動と興奮が蘇ります!

どう考えても、みっちゃんは、宝塚を越えている! と思いました。

あれだけの会場を、1人で盛り上げられる、会場全体を幸せにできる…

みっちゃん、まさに「水を得た魚」

収録は大阪だったので、私は行ってませんが、とにかく、客席の幸せに満ちた笑顔、笑顔…が忘れられません。

 たった半年前なのに、みっちゃんを巡る環境は大きく変わりました。
何よりも、ふうちゃんの存在の大きさですよね。

 ふうちゃんがよく、「大きな安心感を得られるようになった」とか言ってますけど、みっちゃんも、全く同じ思いなんじゃないでしょうか?

 専科時代、所属する組が無くて、「毎回結果を残さないと後は無い」というせっぱつまった思いでやってきたというみっちゃん。

 ふうちゃんはもちろん、紅さんとの並びもとっても嬉しそう。

うう…  やっぱり泣ける。

こんな、新参ファンの私でもそうなんですから…。

…で、ぼやぼやしていた私は、やっぱり「こうもり」初日、ムラ行きを考えていたにも関わらず、まだ行動に移していなかったら甘かった…。

3月のその時期って、受験生たちだっているんだものね。宝塚受験だけじゃなくて、世の中受験シーズン。
そして、世の中、忙しい時期。

私はあんまり「年度末」とか関係無いんで、その後、死ぬ気で働きますから!

何とか、また尼崎のホテルを押さえ、あとはどうにかなるでしょう(笑)
[PR]
by a-takechan | 2015-09-07 00:39 | 宝塚 | Comments(4)

北翔さんのCD Applarse

もうね、次から次にいろんな情報が入ってきて、新聞には出るは、歌劇とグラフにも必ず出るでしょ。まだ買ってませんが、今日発売のスポニチ宝塚特集、なかなか良いらしいです。
(→キャトルでゲットしました。関西では、普通にスタンドとかコンビニで買えるらしいのですが、こちらでは…無理~。やっぱり阪急のお膝元は違う! 写真とかも良かったし、大満足でしたが、みっちゃんに「ビリギャル」は無いわ~。みっちゃん、ビリで入学っていうのは、おじさん方が好きなネタだと思うし、いいんだけど、ギャルは無い! しかも、古い!)

みっちゃんのCD、ビルボードライブは配信ともかぶりますが、Music Palette のCDに入らなかった曲とか、やっぱり、いいですよね~。『ニコライとプガチョフ』大好き。 これは、本当はDVDで観たいところなんですけどね。 ホワホワみっちゃんが、憑依するやつです。みーちゃんとのデュエット、いいよね~。

このCDジャケット、みっちゃんきれいよ~。

ビルボードライブと被る曲でも、微妙に違います。 Climb Evr'y MountainのMC,さらに泣きそう…。
で、うるうるしそうになると、次郎吉の演歌になるという… 
みっちゃん、本当にジャズシンガーにも演歌歌手にもなれます!

CDに入っていない曲で、大好きなのが It Don't Mean A Thing 「ドゥワッドゥワッ」です。これは、やっぱり欠かせないので、配信して良かった(笑)

☆それにしても、『ガイズアンドドールズ』のレビューブログが続々と上がってきていて、それを読むと、また蘇ります。
 あ~、早くまた観たいよ~(泣)

 9月はみっちゃん月間ということで、過去の映像もスカイステージでいろいろと流れてますしね。
そんなこんなで、ハードディスクの整理はできてないし、いろいろととっちらかったままです…。

 e0086874_1993426.jpg
[PR]
by a-takechan | 2015-09-03 19:09 | 宝塚 | Comments(2)