<   2015年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

北翔ファンがオヤジ化してしまう件

宝塚ファンの中でも、いろんなスターさんのファンがいて…。

ジェンヌさんのタイプが違うからこそ、いろんなファンがいるんですよね。

ファンにとっての萌えポイントって、微妙に違ったりしますし、同じみっちゃんファンでも、違うな~と思う部分もしばしば。

もしかしたら、私が特殊(?)なのかもしれないんですが、私は、もともと、「宝塚の男役」としてのみっちゃんファンでは無かったもので。

弟キャラのみっちゃんとか、色っぽいみっちゃんとか、素顔の可愛いホワホワみっちゃんも大好き…

…で、最近のみっちゃんは、男役としてカッコイイし、素敵だし、キャーっとなってるのですが、どうも、ツイッターやブログなどを読ませていただいた感じでは、私と同じような感覚の方たちも結構いらっしゃるような気がします。

まあ、男性ファンも多いみたいなんですけどね。

黄色い声で、「キャー!」というよりは、昔のアイドルファンのお兄様方のように、お揃いのハッピとか着て、「みっちゃ~ん(野太い声)」とか言っちゃう感じ(笑)(*・∀-)☆

『シャングリラ』のカイにキュンキュン来たり、『雨に歌えば』のリナたんにフエーっとなったり。
ビルボードライブのときには、あの『Smooth Operator』の色っぽいみっちゃんには、周り中「鼻血」でしたね(〃▽〃)

何だろう? 
もちろん、エンターテイナーだし、技術も人柄も素晴らしいのに、何だか可愛くて、時々頼りなくて…。また、「家に帰ると泣いちゃう」とか言うもんだからさ~。「みっちゃんは私たちが守る!ウォー!」みたいになる(笑)

みっちゃんが落下傘で星組トップになるときも、もう心配で心配で、ドキドキしちゃうし。

もちろん、そんな心配はいらないわけですが。

『ガイズアンドドールズ』だって、東京公演、友人たちが観ると思うと、何だかそわそわして。
「感想なんて人それぞれだし~」とか言いつつ、「良かったよ」と言われると、「そうでしょ、そうでしょ」と何だかホッとするという。

もう、自分の立ち位置がよく分からなくなってます。

ファンなんてそんなもん?

みんな、身内感覚になっちゃうの?

別のブロガーさんもおっしゃってたんですが、今まで、アイドルとかにキャー!となったこともなく、増してやファンクラブに入ったり、こんなになったことが無いもので。
何が普通なのか、よく分からないんですよ。

まあ、これからも、自分の気持ちに素直に生きていこうと思います(大げさ)

★来年の大劇場公演、『こうもり』の画像出ましたね~。
昨日から話題沸騰(笑)なんですが。どんなストーリーになるんだろう?
みっちゃんの髪型がちょっと不思議ですが(笑)、とりあえず2人とも可愛いな~。
今からとっても楽しみです!

e0086874_1253165.jpg

[PR]
by a-takechan | 2015-10-27 12:06 | 宝塚 | Comments(2)

1階3列目の席で…萌え死ぬ…

もともと、「舞台を観るのは2階の前列か、1階も8~9列目のセンターがベスト」と思っていましたし、それはまあ、正しいと思うのですが…。

昨日の公演、まさかの3列目、しかも下手側の席で! 
下手側と言えば、今回の舞台は割と下手側で何かやるシーンが多かったような…。

…と、「どこでだれがどの辺から出てくるか」はすでに分かっているだけに、キャー!となりました。

以前、花組オーシャンズのときに、縁あってSS席で観たのですが、そのころは、特にキャーキャーも無かったもので…。「わー、スターさんが近い」ぐらいだったのですが。

…もう、もう、みっちゃんが目の前に! か、カッコイイ…(パタリ…死亡…)

この日は、友人のYちゃんと一緒で、席に喜んでくれましたが、初めてその演目を観る人にとっては、もしかしたら、全体が分からないかな~。

舞台って生ものですから、観る日によっても感じ方が違うけど、観る場所によっても、こんなに違うんですね!

オペラグラス無しで、みっちゃんのいろんな表情が見られて…(むしろ、この場所でオペラグラスのぞいてたら、舞台からも変な人として、認識されそうな距離感)

それに、オープニングとかハバナのシーンの、下級生たちの動きもよく見えて面白かったです~。
GI役の2人がカッコ良くてイケメンだな~とか…。
星組さん、やっぱり黒塗りラテン大好きなんだな~とか。

それに、星組の皆さん、本当に生き生きと、見えないような場所でも小芝居していらっしゃる!
マイクで拾わないようなボソッとした声とかも聞こえて楽しい。
やっぱり忙しいわ!

最初に紅さんが登場するシーンも、「下手から出るな~」と分かってるから、ソワソワキョロキョロ。カッコいいわ~。

ぽこちゃん(十碧れいやさん)のジュール、本当にカッコよくて~! ホントに目の前で~。目力スゴイ! この距離だと、メイクやアクセサリーまでばっちり見えますし、皆さんが銀橋を歩くと、オーデコロンの香りがするのね。

いやはや、参りました…。

逆に、みっちゃんが銀橋通ると、ドキドキしちゃって正視できないという…(笑)
ハイ、舞台からこちらを見てるわけでは無いのにね。

ハバナのシーン、客席降りもあるじゃないですか。すぐ横だったし…。

見れば見るほど、ふうちゃんは可愛くてきれいで、恋する乙女、そのものでした。

琴ちゃんは、もはや可愛すぎて、しかも歌もダンスも芝居もうまくて…。
アデレイドちゃんの歌、難しいし、歌い始めてからオケがスタートする場面も多いんですが、ホント、キーも合うのね。プロと言ってしまえばそうなんだけど、素晴らしいです。

2幕の「持ってけミンク~」のダンスは男前。舞台で生着替え後のチャールストンみたいは振りのとこですね。

みっちゃんスカイ、最初のころの「悪い顔」も素敵だけど、オベディアとして恋に落ちてしまった切ない顔、やっぱりキュンキュン来ました。

1幕最後の、後ろ姿~!

これは、席うんぬんの問題ではないのですが、星組のコーラス、素晴らしい!(いつも言ってますね)。ネイサンの歌のアカペラ! うわ~、鳥肌立ちました。

群舞もいいよね。
ギャンブラーの群舞、最近は、生徒さんの名前もずいぶん覚えたので、顔が分かるとまた。

それがね~、切ないオベディアみっちゃんを見た後の「初めての恋」に涙…。

フィナーレ男役群舞からデュエットに行くところの、生着替えも…。
デュエットダンスの空気感とか、間近に感じることができ、じーんと幸せ。

いやいや~、今まで、ブログやツイッターで、いろんな方たちが大騒ぎしていらしたのは、こういうことだったんですね~。

こうやって、何度も観ちゃうんでしょうね~ 劇団様の思うツボ? いえいえ、ありがとうございます~!
[PR]
by a-takechan | 2015-10-23 12:24 | 宝塚 | Comments(2)

グラフ11月号 そして、東京初日映像

北翔ファンの皆さま、最近、マスコミの露出度も高いみっちゃんに、お忙しい毎日をお過ごしのことと思います。
ね~! グラフ11月号は、永久保存版ですよ、奥さん!

今、会社にいるので、手元に無いんですが、『ガイズアンドドールズ』の画像もたくさん。

中でもうれしいのが、「北翔海莉に聞く」のコーナー。四字熟語を盛り込みながら、星組子にコメントするみっちゃん。 それに応える組子の皆さん。
みっちゃんが、メンバーそれぞれをよく見てるな~という優しさに感激。
あ~、やっぱりみっちゃんの部下になりたいわ~。

ツボだったのは、ふうちゃんの、「照れ×100」ってところでした。(これだけじゃ、何のことやら?)

あと、「必要なもの、水と空気と十輝いりす」、笑った~。最初笑ってたんですが、うん、真実なんだろうな。みっちゃんは、まさこさんに癒されてるんだよ、きっと。

難しい四字熟語に、四字熟語で返す、かいちゃん(七海さん)もさすがです!

そうそう、フィナーレで着けている、イヤーカフスは、組子のみんなからのプレゼントで、それも、紅さんが選んでくれたんだって!(泣)

泣いたと言えば、紅さんとの対談には泣きました。何だかね~もう…嬉しくて(最近、涙腺がゆるすぎます)

みっちゃんファン、どんどんさゆみさんファン(私は紅さんって呼んでますけど)になっている模様。
何だかうれしい(どういう立ち位置? だって、もともと紅さんも好きなんだも~ん)

…というわけで、まだざっとしか読んでいない上、さっぱり内容をお知らせできておりませんが、分からない方は、ぜひ、実際にお読みください(笑)→回し者ではございません…

あと、ツイッターでも騒ぎになっているのが、スカステニュースの初日映像のあとの囲み取材。
囲み取材って、トップさんならではなんですよね。

それだけでもうれしいんですが、もう、ふうちゃんが可愛すぎて、録画を何度もリピートして見ました。
アワアワするふうちゃんに突っ込むみっちゃん。そう、そこも見どころです。

朝から、何だかふんわりと、ゆるーい気分になって、あ~、仕事になりませんでしたわ。
[PR]
by a-takechan | 2015-10-21 12:13 | 宝塚 | Comments(2)

星組『ガイズアンドドールズ』、東京初日 ~ますます進化する星組の舞台~

 早くみっちゃんに会いた~いと心待ちにしていた東京公演ですが、初日は平日だし、休みなんて無理~…とあきらめていました。
…でも、でも、我慢できな~い! 

 キャンセル待ち受け付るという話を聞いて、生まれて初めてトライ!
実際どれだけ可能性があるんだかもわからず、とりあえず会社早退しました。まあ、ダメでも日比谷の空気を吸いたいとか…(笑)

 初日の華やいだ雰囲気、いいですね~。

 そして、チケット取れたんですよ~! 嬉しかった! しかも、結構良いお席でした。
もう、ギリギリの着席ですからね~。劇場内に入れただけでも幸せ!

ドキドキしながら幕開きを待つ… 

みっちゃんの声でアナウンス…(キャー)

…でね。
 星組の舞台、初日よりも、さらに良くなっている気がしました。

 ムラの後半、アドリブ出過ぎて、崩れている…といった情報を耳にしたりもしたのですが、面白さを残しながら、きっちりと台本どおりだったような気がします。

 その上、出演者の皆さんが、それぞれに役を深めているというか。

 ムラで観たときも、星組の皆さんの歌がうまくて驚きましたが(失礼…以前、ロミジュリのときに、お歌が~と思ったものですから)、ネイサン登場のシーンとか、懺悔のシーンのハモりとか素晴らしい! ただ技術がすごいだけじゃなくて、一体感! ビシッと決まってました。
 
 もちろん、みっちゃんがカッコイイのは言うまでもありませんが!

 ギャンブラー全員カッコよくて~!
本当に皆さん、役作りが素晴らしかった。

 ハバナのシーンの風ちゃんはもちろん可愛いし、みっちゃんの切ない気持ちにもキュンとしましたけど、だからこその、クラップの場面なんですよね。

 もう! あそこ、カッコよすぎて。

 しかも、席が2階のセンターだったんで、オペラ越しに目が合っちゃったよ~(と、観客みんなが思っているようです)

そして、フィナーレ、大階段の男役群舞!
 
スーツの群舞ってだけで鳥肌なのに、みっちゃんの歌から始まるんだよ!

それから、デュエットダンスが素晴らしくて泣きました。

宝塚ファンは、この世界観を求めていたのではないでしょうか!(青年の主張風)
リフトぐるぐるとかはありませんが、優雅でふわっとして、そして、みっちゃんと風ちゃんの息がぴったりで劇場全体が幸せに包まれました。

 フィナーレの階段も、もちろん感動的でしたけど、みっちゃんが真ん中なのは、とっても普通で違和感無くて、お披露目ということを忘れてしまいそうでした。

 もう、長年トップやってるみたい!

☆スカイステージニュースの、「スカイレポート」で、みっちゃんのインタビューがあったんですけど、みっちゃん、「おとめ」を読んで、データを頭に入れて、下級生一人一人に声をかけてるんだって! そんなトップさんって!
忙しいのに! 

…やっぱり、みっちゃん、恐ろしい子!
 
 私まで急におとめを読み始めたことは、言うまでもありません。 
[PR]
by a-takechan | 2015-10-17 10:56 | 宝塚 | Comments(6)

雪組公演 星逢一夜、ラ・エスメラルダ

雪組、観て来ました。
「とにかく泣ける」とか…いろいろな評判を聞いていたので、そういうときは、かえって(泣けないとか…)ダメな場合も多いのですが(笑)、先入観無しに観ようと思いました。
スカステ見ていると、情報入れない方が難しいんですが、舞台観る前に、見ても、頭に入ってこないから大丈夫。

…いや~、切な過ぎますね。 
誰も悪くないのに、つらすぎる。


 とはいえ、あの展開だったら、ああするしかなかったのかな~、という思いもあって、号泣ってほどでも無かったです。

…と思っていたら、後からジワジワ来ました。

 最初は、小劇場っぽい、こじんまりとしすぎじゃないか…、とか思ったんですけどね。

 咲妃みゆちゃんの、演技がとにかくすごくて!

 彼女は、普段はあんなですけど(失礼…)、役に入ると豹変しちゃいますね! 『メリーウィドウ』のときに、うまいな~と思いましたが、その後も、役によって別人になります。
 『ガラスの仮面』のマヤちゃんみたい!

今回も、子役のとき、おかみさんと、それになり切っちゃってます。

それに、毎回、あんなに涙…? …うう…、本気で泣いてますよね。もう、彼女からオペラが離せなくて。
1日に2公演あるときとか、あれで体が持つんでしょうか? (余計な心配…)

うん、良い作品でした。

もう一度観ると、また、理解も深まるんだろうとは思いましたが、どっぷり疲れるので、もういいです…。

 私が楽しみにしていたのは、ショーの『ラ・エスメラルダ』の方でした。
サイトー先生だし。

 このお芝居の後には、これぐらい弾けたショーがいいですね~。救われる。

懐メロオンパレードだし。

 ただ、雪組さんは、何となく弾け切っていない印象。(私の個人的な印象です)

 ああ~、夢乃さんがいたらな~と、ちょっと思ってしまいました。

 その中で、もう~、だいも~ん! もう、オラオラでイケイケでカッコよかった~!

元花組生というか、蘭寿さんの魂を引き継いでいるというか。 

 それに、源太がつらかったから、「だいもん、良かった~」とか思っちゃった(笑)

そうそう、蘭寿ファンのEちゃん親子は、だいもんを観るために、花担から雪担になり、ファンクラブにも入るそうですよ。

 私は、みっちゃんの『ミュージックパレット』に出ていたのを見て、透水さらささん、素敵~と思っていたので(ディズニーCDの歌大好き!)、今回の退団は本当に残念です。

 今回のショーで、銀橋とかエトワールとか、すごく良かったな~と思いました。

 みゆちゃん、ショーのダンスとかも、いいんですよね。

 この公演、出演者はいろんな意味でヘトヘトでしょう。

☆その後、スカステでナウオンを見て。
 何だかいい雰囲気だし、出演者の思いを聞くと、また違った印象になります。 
 ちょびやすの彩風さんの言葉を聞いて、今頃になって、泣きそうになりました。
 ちぎちゃんも、いいね~。

 つらい、と言いつつ、もう一回観たいかも(もう千秋楽です~)

 

 
[PR]
by a-takechan | 2015-10-10 11:19 | 宝塚 | Comments(0)

北翔海莉 Dramatic Revue 『Love&Dream』

http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2016/love&dream/index.html

「ドラマティックレビュー」ですから!
演出はサイトー先生ですから!

期待に胸が膨らみますね。

まだ、東京の『ガイズアンドドールズ』もこれからだというのに、来年も年明けから忙しくなりそう。

私は特にディズニーファン、というわけでもなかったのですが、宝塚版ディズニーのCDを買っておさらい。

いい曲多いですね~。

みっちゃんと風ちゃんが歌うんですから~!

第二部は宝塚のナンバー?
こちらも楽しみです。
e0086874_17292659.jpg


e0086874_17305158.jpg

[PR]
by a-takechan | 2015-10-08 17:31 | 宝塚 | Comments(0)

ラジオ番組『ビバタカラジェンヌ』と『歌劇』10月号

 ラジオ関西の番組、『ビバタカラジェンヌ』という番組にみっちゃんが出る、と宝塚の公式ページに出ていたのですが、関西の番組、聞けませんよ~(泣)。アプリをダウンロードすれば見られるという情報を得て、何とか頑張ろうと思ったのですが、何ともはや…メカに弱くて。
 生で聞いた人たちが、ツイッターに情報を流してくれて、余計に妄想が広がって、「みっちゃん、カワイイ~」萌え~!となってたんですが(笑)
 動画に上げてくださった方がいて、無事に聞くことができました。むしろ、ヘビロテしてます!

 私、全く知らなかったのですが、長寿番組なんですね(まあ、タイトルからしてそんな気がする)

 そして、パーソナリティの小山さん、素敵ですね~。たぶん、長年宝塚を観て来て、ジェンヌさんたちのことも見守ってきたんだろうな~。

 みっちゃん、ホントにカワイイ声で、『ガイズアンドドールズ』の初日、いかに緊張したかという話とかしていて。

 小山さんも、「北翔さん」と言いながら、そのあと「みっちゃん」って言うのが、ああ、昔から知ってて気にしてくださってたんだろうな~とか(ファンの思い込み)

 『女神よ今夜だけ』を、英語で歌ったって話のところで、みっちゃんが照れてるのが、チョー可愛くて、ラジオの前のファンたちは、一斉に萌え死んだようです(笑) 後から聞いた私も…
 ねー、上手いのに。

 東京公演では、「憧れていた大先輩の紫吹さんが、観に来てくださるんで、緊張するんですよ~」と、まるで新人公演のような気分だとか。

「何年やってるの、みっちゃん」と言う小山さんが、何とも温かくて、みっちゃんも、甘えて何でも話しちゃってる感じですね。

 いいわ~。

 それから、『歌劇』10月号。

 『ガイズアンドドールズ』のレポートがたっぷり載って見どころ満載です。

 カラーのポートレートもいいんですが、私がハマったのが、モノクロページの「楽屋取材」の記事。

 星組の皆さんの、和気あいあいとした雰囲気が伝わってきます。

 奈落での1ショット、このみっちゃん、カッコイイです。

 まず、「奈落ってこうなってるんだ~」と興味津々。 普通に階段を降りていくんですね。

 で、奈落も楽屋みたいになってるの? 少なくとも鏡はあるのね。 化粧前に、ドーナツとコーヒーらしきものが(笑)
  →これは、みっちゃんのおやつじゃなく(笑)、アーバイドさんが食べる、小道具ですね。(おやつかと…)

 …という具合に、モノクロの小さい写真を1枚ずつ見ても、飽きません。

 今まで、歌劇は立ち読みか、たまに買ってもさーっと読むだけでしたが、うん、楽しいです!

★加美乃素、大劇場貸切では、当日、商品の即売会があって、商品を買うと、限定レアグッズをもらえたりしたようなので、東京で、もし貸切はずれても行くつもりだったのですが、どうやら、東京ではやらないらしいです。 残念…!

 みっちゃんトランプ、欲しいよ~!
 
[PR]
by a-takechan | 2015-10-07 13:41 | 宝塚 | Comments(4)

北翔さんの「男役」

 いつもワーワー言っていることの繰り返しになりそうですが…(笑)
自分の気持ちを整理するために、ブログに記録しておきましょう。

 ハイ。 最近の北翔さんについてです…。

 『ガイズアンドドールズ』を観て、みっちゃんがカッコよくて今までになくドキドキしてしまって、うろたえてしまい…、慣れてないもんで、動揺しました。

ボンヤリしているもので、『ガイズ』のみっちゃん萌えポイントについても、ほかの方に聞いて、なるほどね~と思うことも多いです。

 私はどちらかというと、「宝塚」とか、「男役のカッコよさ」とか、今ひとつ分かってなくて、みっちゃんについては、役者や歌手として素晴らしいと思っていたし、その人柄に触れて堕ちちゃった…。

 みっちゃんって、どちらかというと、普段は女の子っぽいし、かわいいし、それでもいいよ~!と思っていたわけですが。

 ところがですね、最近はどうしちゃったものか!

 トップになって、「トップらしさ」を追求してるのかな~と思ったんですけど、どうも、それだけじゃない。

 やっぱり、風ちゃんの力ではないかと思います。

 相手役が風ちゃんに決まったときから、「風ちゃんとは合うだろうな」と思っていましたが、もうね~。
ぐっと男らしく、カッコよくなっちゃったのは、風ちゃんのおかげじゃないですか?

 舞台の上だけじゃなくて、普段も男前~。

 もしかしたら私、やっと最近、本当の意味での、宝塚のカッコよさを、少しずつですが分かってきたような気がします。
 
 実は、私がみっちゃんファンになってから、時々おじゃましているブログがあって、私は、まあ、その方をはじめ、何人かのブログを読ませてもらって、すごく影響を受けてきたわけですが(劇団に手紙書いちゃったり)

 そのブログでは、いつも、私が漠然とぼんやり思っていることを、スッキリと分析してくださるというか。

 でね、私が生の舞台でも観て、ハバナで風ちゃんにキスされちゃったときの、みっちゃんスカイの切ない顔が好き! とは思ってたんですが、そのシーンを改めて解説してくださっていて、ドキドキしちゃいました!

 いつも私は、直感的にワーっと思ったこと、感じることを書いてはいますが、解説したり分析したりするのは苦手なもんで、もう目からウロコ! 感動しました。。


 この半年ぐらいで、みっちゃんを巡る状況が大きく変わり、

 常にファンの期待以上の姿を見せてくれるみっちゃんですが…。

 今回は、1人の力ではなくて、風ちゃんの力が作用している…。

 何だか、「あのみっちゃんが、大人になったわね~」っていう親戚のオバサンのような気分。

 可愛いみっちゃん好きとしては、ちょっぴり寂しいような気も、しないでは無いのですが…。

 せっかくですから、究極の2枚目みっちゃんを、楽しみたいと思います。

 何だか、オチも何も無い話でスミマセンでした~…。
(いや~、別に普段から特にオチはありませんね)
[PR]
by a-takechan | 2015-10-05 01:25 | 宝塚 | Comments(10)

おばさんだって、バレエをやりたい!

ここのところ、出張やら何やらで、レッスンに行けない日々が続き…。今日、久しぶりにレッスンに行きました。
仕事も、締め切りが近くて大変なんですけどね~。 ホントは、レッスン行ってる場合じゃない…。

でも、これ以上休んだら、もう、体はますます動かなくなっちゃいます。
コンスタントに週2回続けていても、とても上達からはほど遠く、課題が山積み(汗)

それが…2週間以上休んじゃいましたからね。
体が動かない。肩や腰はバリバリ。

レッスン行ってみて思ったのは、やっぱり、何だかんだ言いながら、バレエが好きなんだ、ということ。
レッスン楽しかったな~。

今日、昔書いたブログにあるコメントをいただいて。
「おばさんのバレエを見たくない」ということだったんです。 ご本人も困惑している感じがとても伝わってきて…。

彼女がおっしゃることも、とてもよくわかります。

私自身、自分が書いたブログとはいえ、7年前に書いた文章に、少し違和感。

http://atakechan.exblog.jp/6231108/

当時の気持ちもわかる。 「大人バレエ」をバカにされたくないというか、やるからには素敵なものにしたい、という気持ち。

今はね、このコメント欄にも書いたのですが、「おばさんだって、いいじゃない」という気持ちになってます。

何かを始めるのに、遅すぎるということはないし、何よりも「好き、やりたい」という気持ちは、誰にも止められない!

そういう気持ちでやっていれば、自然にキラキラしてくると思うんですけどね~。

実際、「老い」との闘いはあります。

鏡を見ると、肩は前に出てきてるし、ほっとくと姿勢が悪くなっています。

そうそう、でも、「美しく踊りたい」という気持ちは忘れないようにしたいですね。

うちのお稽古場の、皆さん、歳を重ねて、キレイですよ。 

…まあね~、「何でバレエなの?」と思う気持ちも、分からなくはありません。
きっと、ヨガとか体操なら、いいんですよね?

 でも、バレエだから、ダンスだから、いいんだな~。 

 ちゃんと踊れてないので、弱気ではあるんですが、でも、踊りたいんだもん。
[PR]
by a-takechan | 2015-10-01 02:22 | バレエの悩み | Comments(3)